ビジネス全般

知らないと損?ふるさと納税のメリット・デメリット【節税対策】

ふるさと納税のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これからふるさと納税をはじめようか迷っている人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、日本の市町村や特定の地域に寄付を行い、その寄付額を自身の所得税や住民税から控除する仕組みです。

寄付を通じて地域振興や地域の課題解決に貢献でき、同時に寄付額を税金控除として利用できます。寄付を行うと、寄付先の自治体が返礼品を提供することが一般的で、これが寄付者にとっての「お礼」になります

ふるさと納税は地域との交流や支援を通じて社会貢献を実感できる制度であり、寄付者と地域の双方にメリットがあります。

ただし、返礼品の価格が寄付額を上回る場合でも、税制上は実際の寄付額までしか控除されないため、計画的な寄付が重要です。

ふるさと納税はおすすめ?

ふるさと納税は、所得税や住民税の控除を受けることができるため、節税効果があっておすすめです。

寄付を通じて地方自治体や特定の地域に寄付することで、その寄付額を自分の所得税や住民税から控除することができます。

ただし、上限額が設定されており、所得税の場合は寄付額の約40%、住民税の場合は寄付額全額が控除の対象となります。

また、返礼品がある場合でも、その価格分は控除対象から除外されます。寄付先の自治体によっては、返礼品として地域特産品や宿泊券などが提供されます。

節税の他に、地域振興や地域社会への貢献を実感できるメリットもあります。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税をすることは、多くのメリットがあると言われています。

以下では、ふるさと納税をすることで得られるメリットの中から、特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 社会貢献につながる

ふるさと納税を通じて、地方自治体や地域の発展に貢献することができます。寄附金は地域の教育・福祉・文化活動など、様々なプロジェクトや取り組みに活用されます。自分のお金を使って社会に貢献できる喜びを感じられます。

2) 税金が控除される

ふるさと納税をすることで、寄附額から所得税や住民税が控除されます。これにより、実質的な支払額が減り、節税効果が得られます。寄附金の一部が返礼品として還元される場合でも、控除可能な上限内であれば利益を享受できます。

3) ポイントを貯められる

ふるさと納税サイトを通じて寄附する際、一部の自治体ではポイントサービスが提供されています。寄附額に応じて付与されるポイントは、後日特産品や観光券といった豪華なお礼品と交換することができます。自分の寄附金でポイントをため、特産品を手に入れる喜びを味わえます。

4) さまざまなお礼品がもらえる

寄附することで返礼品がもらえるのもふるさと納税の魅力です。自治体ごとに用意されているお礼品は多種多様で、食べ物や日用品から地元の工芸品や体験ツアーまで幅広くあります。自分の好みや興味に合わせたお礼品を選ぶことができ、一度きりの特別なプレゼントを手に入れることができます。

5) 生活費を抑えられる

ふるさと納税では食べ物や日用品など、生活に必要なアイテムを返礼品としてもらうこともできます。このようなお礼品を受け取ることで、生活費を抑えることができます。普段使っている商品や贅沢な食材も、寄附を通じて手軽に手に入れられるメリットがあります。

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税には様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下では、ふるさと納税に関するデメリットを5つご紹介します。

1) 減税や節税対策にはならない

ふるさと納税は、一般的に「減税」「節税」と関連付けられがちですが、実際にはそのようなメリットはありません。寄付金額の一部を所得控除として申告することはできますが、多くの場合、寄付額以上の控除額を得ることはできません。つまり、本来支払うべき税金を免除する効果は期待できません。

2) 控除される金額に上限がある

ふるさと納税による所得控除には上限が設定されています。具体的な金額は年度ごとに変動しますが、高額な寄付をしても上限額以上の控除を受けることはできません。したがって、大規模な節税効果を期待する場合には限界があります。

3) 確定申告をしないといけない

ふるさと納税を行った場合、必ず確定申告をしなければなりません。これにより、所得控除の手続きや書類作成が必要になります。確定申告は煩雑で時間を要する手続きであり、面倒な手間がかかることも考慮しなければなりません。

4) 寄付なので先に持ち出しが発生する

ふるさと納税では、事前に寄付金を支払う必要があります。寄付金は一時的に自己負担として支払われ、その後に所得控除として返還される仕組みです。つまり、一度寄付金を支払わなければならないので、現金の流動性や予算づくりに影響を及ぼす可能性があります。

5) 寄付者本人名義のクレジットカードで決済しなければいけない

ふるさと納税では、寄付者本人名義のクレジットカードで寄付金を支払う必要があります。他人のクレジットカードや銀行口座からの寄付は認められていません。このため、クレジットカード所有者以外の人々はふるさと納税を行うことが制限されてしまいます。

ふるさと納税のメリット・デメリットまとめ

本記事では、ふるさと納税に関するメリット・デメリットについてまとめました。

ふるさと納税は、税金控除や返礼品の受け取りなど、寄附をする側にとって多くのメリットがあります。また、自治体側にとっても財源確保や地元産業の活性化などのメリットがあります。

ふるさと納税を検討する際には、自分にとってどのメリットが重要かを考え、寄附先の自治体や使い道を慎重に選ぶ必要があります。また、得をしたかどうかを確認するためにも、申請手続きや控除額の確認などをしっかりと行うことが大切です。

ふるさと納税は、地域の活性化や地域の魅力発信にもつながる制度です。寄附を通じて自分の地域や好きな地域を応援することで、より豊かな社会づくりに貢献することができます。

ふるさと納税を通じて、自分自身や地域の発展に貢献できる素晴らしい制度であることを忘れずに、お得なふるさと納税ライフを楽しんでください

ふるさと納税を検討している方におすすめのサービス【PR】




ふるさと納税もいいですが、その前にFX取引を始めてみませんか?
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれている「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

あわせて読みたい

出会いがない?合コンのメリット・デメリット【みんなの本音】前のページ

しなければよかった?歯のホワイトニングのメリット・デメリット次のページ

関連記事

  1. ビジネス全般

    今さら聞けない!MBA取得のメリット・デメリット【みんなの声】

    MBA(経営学修士号)を取得するメリット・デメリットを膨大な口コミデー…

  2. ビジネス全般

    今さら聞けない!個人事業主のメリット・デメリット【起業/税金】

    個人事業主に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  3. ビジネス全般

    知らないと損する?ネット販売のメリット・デメリット【みんなの本音】

    ネット販売のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  4. ビジネス全般

    株式会社との違いは?合同会社のメリット・デメリット【起業する】

    合同会社にするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  5. ビジネス全般

    知らないと損する?無店舗販売のメリット・デメリット【今さら聞けない】

    無店舗販売のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  6. ビジネス全般

    今さら聞けない!テレワークのメリット・デメリット【みんなの本音】

    テレワークをするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

よく読まれている記事

PAGE TOP