学び

意外と知らない!通信制大学のメリット・デメリット【社会人学び】

通信制大学のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから「通信制大学」にいこうか迷っている人にも、「通信制大学」についてまだ分からない人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

通信制大学とは?

通信制大学とは、現代の社会において多くの人々に利用されている教育機関の一つです。

通信制大学は、主にインターネットやテキストなどを活用して自宅で学習を行いながら、通学制の大学と同等な大卒資格を取得することが可能な大学形態です。日本国内では、43校もの通信制大学が存在し、その数は増加しています。通信制大学は、幅広い年齢層や背景を持つ人々から支持を受けており、社会人や主婦などキャリアアップを目指す方や経済的理由から進学を検討する方々にとって魅力的な選択肢となっています。

通信制大学では、一般的には通学制の大学よりも費用面で手頃であるため、多くの人に受け入れられています。また、柔軟なスケジュールや自己 paced の学習スタイルが可能であり、仕事や家庭と両立しながらの学びを支援しています。通信制大学ではインターネットを活用した授業や年に数回の対面授業(スクーリング)を通して単位取得が行われます。このような形式によって、生徒は自身のペースで進めることができます。

参考:私立大学通信教育協会

通信制大学のメリット

通信制大学に行くことは選択しの一つとして、多くのメリットがあります。

以下では、通信制大学に関するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 学費が手頃

通信制大学の最大の魅力は、一般的に通学制大学よりも学費が格段に安いことです。多くの通信制大学では、教材や講義料を含めた総費用が比較的低く抑えられており、経済的な負担を軽減することが可能です。

2) 入学試験不要

通信制大学には入学試験がない場合が多く、一定の条件を満たすことで比較的容易に入学できる点も大きなメリットです。この柔軟性によって、社会人や家庭を持つ人々も教育を受ける機会を得ることができます。

3) 時間・場所に束縛されない

通信制大学のカリキュラムはオンラインで提供されるため、時間や場所に縛られることなく自分のペースで学習が可能です。これにより、仕事や家庭と両立しながらでも無理なく授業を受けられる利便性があります。

4) 多彩な資格取得への道

通信制大学ではさまざまな資格取得コースが提供されており、卒業だけでなく専門資格や免許の取得も目指すことが可能です。これらのスキルや知識は将来のキャリアパスにおいて有利に働くことでしょう。

5) 社会人向けサポート充実

多くの通信制大学では社会人向けのサポート体制が整っており、就業しながらでも適切なカウンセリングやキャリア支援を受けることができます。これによって、卒業後のキャリアプランをしっかりと立てることが可能です。

通信制大学のデメリット

通信制大学には様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて通信制大学に関するデメリットを5つご紹介します。

1) 学習が孤独に感じてしまう

通信制大学では、学習を自宅や特定の場所で独学で行うため、他の学生や教員とのコミュニケーションが少なくなることがデメリットとして挙げられます。対面授業がない分、質問や議論をする機会が減り、学習の孤立感を感じやすくなる可能性があります。

2) 入るのは簡単、卒業は難しい

通信制大学は柔軟な入学基準を持っていることが多いため、入学自体は比較的容易です。しかし、一方で学業負担が重くモチベーションを保つのが難しい場合もあるため、卒業までの道のりは険しいと感じることがあるかもしれません。

3) スクーリングの都合が合わないことも

通信制大学にはスクーリング(対面指導)が必要な場合があります。このスケジュール調整や遠方への通学にコストや時間を要することから、仕事や家庭との両立に難しさを感じる場面も出てくるかもしれません。

4) 学歴が認められない場合もある

一部の企業や公的機関では、通信制大学出身者に対する偏見や不利益を抱く可能性があります。特に一流企業や官公庁への就職を希望する場合は、学歴評価で不利になる可能性があることを考慮する必要があります。ただ、ほとんどの場合はそのような偏見はありえません。

5) サポート体制も重要なチェック項目

通信制大学におけるサポート体制は各大学ごとに異なります。個別指導やキャリア支援プログラムの充実度が低い場合は、就職活動や卒業までのサポートに乏しく不安を感じるかもしれません。選択肢比較時に十分検討することが重要です。

通信制大学のメリット・デメリットまとめ

本記事では、通信制大学に関するメリット・デメリットについてまとめました。

通信制大学には多くのメリットがあります。まず、学費が安いという点が挙げられます。通信制大学の初年度学費は通学制大学に比べて格段に安く、多くの人にとって負担が軽減されるでしょう。また、入学試験がないため、気軽に進学を考えることができる点も魅力的です。さらに、時間的・地理的制約が少ないため、仕事や家庭と両立しながら学ぶことが可能です。

一方、通信制大学にはデメリットも存在します。例えば、友達ができにくいという点が挙げられます。キャンパスライフや対面授業がないため、他の学生との交流が限られることが課題となります。また、卒業が簡単ではない点も注意が必要です。自己管理能力やモチベーションを保つことが求められるため、中途退学や卒業までの課程での困難も考えられます。

通信制大学に進学を考える際には、これらのメリット・デメリットをしっかりと理解し、自身の状況や目標に合った進路を選択することが重要です。通信制大学は柔軟性や低学費といった利点がありますが、それに伴う課題や制約もあることを認識した上で、自己の教育目標に向かって進んでいくことが大切です。通信制大学を選択する際には、しっかりとメリットとデメリットを比較検討し、自分にとって最適な学び方を見つけることが重要です。

Q:通信制大学は誰でも入れますか?

基本的には「はい」と言えます。通信制大学では一般的に入学試験がないため、誰でも比較的容易に入学することができます。ただし、落ちる可能性を完全に排除することはできません。例えば、名門大学の通信制では競争率や合格基準が他の通信制大学よりも厳しい場合があります。

通信制大学への入学方法について具体的に言及すると、多くの場合、書類選考や面接を経て入学が決定されます。志望する学部やコースへの適性や意欲などが重要な要素となります。また、一部の通信制大学では編入生を受け入れており、高等教育機関からの進学者も歓迎されています。

一般的に通信制大学は柔軟性が高く、在宅で自己ペースで学習を進めることができるため、働きながら進学したい方や家庭や介護の責任を持つ方にも適しています。しかしながら、自己管理能力やモチベーションが求められるため、入学後も十分な努力と集中力が必要です。

そのため、通信制大学への入学を考える際には自身の目標や状況に合った適切な選択を行うことが重要です。最終的には個々人の意欲や能力次第であり、しっかりとした準備と積極的な姿勢を持つことが成功への近道となるでしょう。通信制大学は誰でも入れる可能性がある一方で、真剣に取り組むことで充実した教育経験を得ることが可能です。

Q:通信学校は学歴として認められますか?

通信学校は学歴として認められますか?この問いに対する答えは、通信学校が法律上の「学校」として位置づけられており、文部科学省から認可を受けることで正式な学歴として扱われることを示唆しています。通信制大学は1947年の学校教育法によって制度化され、その後、大学教育課程として文部科学省に認可されました。従って、通信制大学を卒業することで最終的には「大卒」の学位が得られることになります。

通信制大学は教育機関として歴史があり、1947年以来、時間や地理的条件の制約を抱える人々にも大学教育の機会を提供するために設立されました。1950年に正式な認可を受けたほか、1999年には修士課程、2004年には博士課程も開始されており、通信制度の充実が進んでいます。

したがって、通信制大学で卒業すればしっかりとした「大卒」の学歴が得られます。これは就職活動や社会進出の際にも有利であり、通信制度であってもその取得価値は普通の大学と同等です。不安や疑問を感じる方も多いかもしれませんが、通信制度自体が法律上きちんと認められた形態であることから、その取得した学歴も正当に評価されます。

最終的に、「通信制大学はどんなところか」「学歴として認められない噂の理由」「就活への影響や履歴書の記載方法」などについて解説しました。通信制大学で将来を拓く方々への助けとなれば幸いです。

Q:通信制大学で教師の免許がとれる大学はどこですか?

いくつかありますが、実績と定評が高いのは東京未来大学です。

他にも私立大学には佛教大学や明星大学、愛知産業大学など、全国に多くの大学があります。

参考:私立大学通信教育協会

通信制大学に関するみんなの本音

通信制大学に通う社会人に人気のサービス【PR】



通信制大学への入学もいいですが、FX取引を始めてみませんか?
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれている「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

年収600万円以上の方限定!選ばれているサービス【PR】

大学の授業とあわせて学んでおきたい、投資・資産運用の基礎。でも自分で勉強するのは難しいし時間がない

そういう方に向けておすすめなのが、【マネきゃん/Money Camp】です。

マネきゃんは、資産運用をこれから始めたい会社員・公務員にむけた無料のオンラインセミナーを開催しています。

ただし、年収600万円以上、年齢は26歳以上~45歳以下の方限定です!

==セミナーで学べる事=============
年金対策に最適な資産形成術とは
少額で出来る不労所得の作り方
会社員・公務員でもできる節税方法
NISA・iDeCoの効率的な活用法
投資信託の選び方
=======================

満足度95%の人気講師が60分で、初心者にもわかりやすく説明してくれます。

スマホで参加OK!様々な時間帯から好きな日時のセミナーに参加可能

NISAやiDeCoの運用方法やしっかり増やすための商品選定が自分でできるようになります。

会社員・公務員が実践できる節税方法を学ぶことができます。


あわせて読みたい

知らないと損?JPXプライム150のメリット・デメリット【日本株】前のページ

知らないと損?VYMのメリット・デメリット【米国高配当株】次のページ

関連記事

  1. 学び

    脳にいい?ピアノを習うメリット・デメリット【みんなの本音】

    ピアノを習うメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  2. 学び

    今さら聞けない!海外留学のメリット・デメリット【みんなの本音】

    海外留学のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  3. 学び

    意味ない?英会話教室に通うメリット・デメリット【みんなの本音】

    英会話教室に通うメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  4. 学び

    意外と知らない!大人が習い事をするメリット・デメリット【みんなの本音】

    大人が習い事をするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

よく読まれている記事

PAGE TOP