ビジネス全般

知らないと損する?無店舗販売のメリット・デメリット【今さら聞けない】

無店舗販売のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから無店舗販売を始めてみようと検討している人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

無店舗販売とは? 店舗販売との違いは?

無店舗販売(ノンストアリテール)とは、実店舗を持たず、オンラインやモバイルプラットフォームを通じて商品やサービスを提供するビジネスモデルのことです。

主な形態には、ECサイト、アプリ、ソーシャルメディア上の販売があります。これにより、顧客はいつでもどこでも商品を購入でき、事業者は低い運営コストや世界中の市場へのアクセスを享受できます。

店舗販売との違いは、まず物理的な店舗が存在しない点です。
無店舗販売はデジタルなプラットフォームを利用し、在庫の保管や店舗運営にかかる費用を削減します。また、オンラインの無店舗販売では顧客とのコミュニケーションが主にデジタルを介して行われるため、効果的なオンラインマーケティングが重要です。対照的に、店舗販売では実際の店舗での接客や陳列が中心であり、顧客と直接対話することが特徴です。

これらの要素から、無店舗販売はオンラインプレゼンスとデジタル戦略の強化に焦点を当て、柔軟性や効率性を追求する点で店舗販売と異なります。

無店舗販売をするメリット

無店舗販売をするには、多くのメリットがあります。

以下では、無店舗販売をするメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 開店スピードが速い

無店舗販売の最大のメリットは、開店スピードが速いことです。実店舗を始める場合には、貸店舗を探したり内装工事を施したりする必要がありますが、無店舗販売ではこれらの手続きや準備が不要です。商品やサービスに集中できるため、スムーズにビジネスを開始することができます。

2) 低コストで行える

無店舗販売は、創業時の初期費用や維持費を大幅に削減することができます。実店舗を構えるためには賃料や設備の維持費など多くの固定費がかかりますが、無店舗販売ではこれらのコストを抑えることができます。特に初期費用が用意できない場合でも、低コストでビジネスを始めることが可能です。

3) 場所に制約されない

無店舗販売では場所に制約されず、顧客に対して柔軟なサービス提供ができます。インターネットを活用したネットショップやSNSを活用した販促など、多様な手段で顧客との接点を持つことができます。地理的な制約がないため、より幅広い顧客層に商品やサービスを提供することができます。

4) 多様な販売チャネルが存在する

無店舗販売では、オンラインショップだけでなく、マーケットプレイスやモバイルアプリ、ソーシャルメディア上の販売チャネルなど、多様な販売手段を活用することができます。これにより、より多くの顧客に商品やサービスをアピールすることができます。

5) 柔軟な運営形態が可能

無店舗販売では柔軟な運営形態が可能です。自宅やコワーキングスペースから仕事をすることもできるため、フレキシビリティに富んだ働き方が実現できます。また、時間や場所に縛られずに仕事を進めることができるため、自分のライフスタイルに合わせたビジネスを展開することができます。

無店舗販売をするデメリット

無店舗販売には多くのメリットがある一方で、実は知らなきゃいけないデメリットも存在します。

以下に、無店舗販売をするデメリットを5つご紹介します。

1) 商品の物理的な確認が難しい

無店舗販売では、顧客が実際に商品を手に取って確認することができません。写真や説明文だけで判断しなければならず、不適切な商品の受け渡しや不満の発生する可能性があります。

2) 顧客との対話が制限される

店舗では直接顧客と接することで、リアルタイムでのコミュニケーションやアドバイス、質問応答などが行えます。しかし、無店舗販売ではこのような対話が制限されるため、顧客との関係構築や信頼獲得には時間がかかる場合があります。

3) 配送に伴う問題

無店舗販売では、配送プロセスに信頼性や迅速性が求められます。しかし、在庫管理のミスや配送業者の問題などにより注文品の遅延や紛失が起こる場合もあります。これは顧客満足度を下げてしまう恐れがあります。

4) 要注意な詐欺や偽物商品

インターネット上での無店舗販売では、詐欺や偽物商品に遭遇するリスクが存在します。信頼性のあるサイトやセラーを選ぶことが重要ですが、その中でも不正な行為の被害に遭う可能性はゼロではありません。

5) サービスの提供や保証に限界がある

無店舗販売では、商品の保証やアフターサービスの提供も制約されます。顧客が不具合や問題を抱えた場合、返品・交換手続きの煩雑さや対応の遅れが起こることも考えられます。

無店舗販売をするメリット・デメリットまとめ

本記事では、無店舗販売をするメリット・デメリットについてまとめました。

無店舗販売は、コスト削減や顧客接点の拡大など、多くのメリットを提供してくれますが、一方でデメリットも存在します。

適切な計画と戦略を立て、ビジネスの特性に合わせた選択をすることで、無店舗販売を成功させる可能性は高まると言えます。

無店舗販売に関するみんなの本音

SNSの声を見ると、無店舗販売だけで稼ぐのは難しいという声もあり、副業をやってる人が多いのも事実

無店舗販売の空き時間でお金を稼げる(副業)サービス




FX取引を始めてみませんか? 全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれている「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

あわせて読みたい

意外と知らない!豆乳を飲むメリット・デメリット【効果まとめ】前のページ

今さら聞けない!NISAを始めるメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. ビジネス全般

    知らないと損?脱サラするメリット・デメリット【起業前に】

    脱サラするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  2. ビジネス全般

    知らないと損?ふるさと納税のメリット・デメリット【節税対策】

    ふるさと納税のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  3. ビジネス全般

    知らないと損?副業するメリット・デメリット【税金/企業】

    副業をするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  4. ビジネス全般

    今さら聞けない!テレワークのメリット・デメリット【みんなの本音】

    テレワークをするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  5. ビジネス全般

    株式会社との違いは?合同会社のメリット・デメリット【起業する】

    合同会社にするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  6. ビジネス全般

    知らないと損する?ネット販売のメリット・デメリット【みんなの本音】

    ネット販売のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

よく読まれている記事

PAGE TOP