車・バイク

今さら聞けない!燃料電池自動車(FCV)のメリット・デメリット【みんなの本音】

燃料電池自動車(FCV)のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから燃料電池自動車(FCV)を購入しようか検討する人に、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

燃料電池自動車(FCV)とは?

燃料電池自動車は、水素というガスを使って動く車のことです。

エンジンの代わりに燃料電池が入っていて、この電池が水素と酸素を使って電気を発生させます。その電気でモーターが動き、車が走ります。この過程で出るのはただの水だけで、汚れた排気ガスがでません。

燃料電池車は、燃料が水素であるため、ガソリンやディーゼルのような燃料を燃やす必要がなく、環境に優しいのが特徴です。また、給油の際にはわずかな時間でできるため、電気自動車と同じくらい使いやすいです。

ただし、水素の製造や安全性、給油スタンドの整備など、まだ普及に向けた課題もあります。

燃料電池自動車(FCV)のメリット

燃料電池自動車(FCV)には、環境への配慮、安定した電力供給など、多くのメリットがあります。

以下では、燃料電池自動車(FCV)のメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 環境にやさしいエネルギー源

燃料電池自動車(FCV)は、水素を燃料として使うため、走行中に排出されるのは水のみです。これにより、二酸化炭素や窒素酸化物などの有害な排出物をほとんど出さず、地球温暖化や大気汚染の問題を改善することができます。

2) 燃費効率が非常に高い

FCVは、燃料電池内で水素と酸素を反応させて電気を生成し、モーターを動かす仕組みです。このため、従来の内燃機関よりもエネルギー効率が高く、燃費が良いという特徴があります。1リットルあたりの走行距離も優れており、経済的です。

3) 電力供給の安定性が高い

災害時や停電時などにおいては、FCVは非常に便利な存在です。燃料電池は移動式の発電装置でもあり、蓄えられた水素から電気を生み出すことができます。これにより、車両のバッテリーを利用して家庭や施設の電力供給を行ったり、非常用電源として使用することが可能です。

4) 高速充填が可能

従来の電気自動車(EV)が充電に時間がかかるのに対し、FCVは高速充填が可能です。水素ステーションで数分間の給水作業で燃料を補給することができます。これにより、遠距離ドライブや長時間の使用でも快適な移動が実現します。

5) グローバルなエネルギーインフラへの貢献

水素は再生可能エネルギーと組み合わせて生成することも可能です。さらに、国内外で水素ステーションの整備や水素インフラの構築が進められており、FCVはグローバルなエネルギーインフラへの貢献も期待されています。将来的には持続可能な社会への転換に一役買うことが期待されているのです。

コスモ石油だけのカーリースサービス

燃料電池自動車(FCV)のデメリット

燃料電池自動車(FCV)は環境に優しいとされる一方で、いくつかのデメリットも存在します。

以下に、燃料電池自動車(FCV)のデメリットを5つご紹介します。

1) 高いコスト

燃料電池自動車の最大のデメリットは、高価な価格です。現在の技術や材料の高騰により、FCVの製造コストは非常に高くなっています。そのため、一般消費者にとっては手が届きづらい存在となっています。

2) 水素供給インフラの不足

FCVを運用するために必要な水素供給インフラがまだ整備されていないことも課題です。日本国内でも水素ステーションは限られており、充電インフラに比べて利用しにくい状況があります。これが普及の障害となっています。

3) 燃料電池寿命

燃料電池自動車の寿命も課題です。現段階では寿命が比較的短く、交換が必要となる場合があります。このため、車両所有者にとってはメンテナンスや部品交換費用がかかる点がネガティブな要素となっています。

4) 容量制約

燃料電池自動車の水素タンクは、容量制約があります。現在の技術では、水素を高圧で保管する必要があるため、タンクの大きさや重さが制約となっています。そのため、短い距離しか走行することができず、長距離移動には限定的です。

5) 水素の製造と配送のエネルギー負荷

燃料電池自動車には水素を使用しますが、その水素を製造・配送する過程でエネルギー負荷が発生します。現状では化石燃料を使った水素製造が主流であり、これに伴いCO2排出量も抑えられていません。また、水素の配送も非効率的であり、エネルギーロスが問題視されています。

燃料油割引付きカーリース

燃料電池自動車(FCV)のメリット・デメリットまとめ


引用元:https://global.toyota/

本記事では、燃料電池自動車(FCV)のメリット・デメリットについてまとめました。

まず、メリットとして環境にやさしいクリーンなエネルギーを利用していることが挙げられます。

FCVは水素を燃料として使用し、走行中に発生する排出物は水だけです。これにより、大気汚染や温室効果ガスの削減に貢献することが期待されています。

一方で、デメリットとしてはまず、車両価格が高いことが挙げられます。FCVはまだ開発の途上段階にあり、技術や材料の高価さから車両価格が高くなっています。また、水素ステーションの数が少ないという課題もあります。現在、水素ステーションの整備は進んでいますが、まだまだ普及していない地域も多くあります。

これらのメリットとデメリットを踏まえ、FCVを選択するかどうかは慎重に考える必要があります。環境への貢献や利便性を重視する場合は、FCVが適した選択肢となるかもしれません。

今後、技術の進歩やインフラの整備に伴い、FCVのメリットがより大きくなり、デメリットが解消されていくことが期待されます。

燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて、さまざまな課題の解決が求められています。

燃料電池自動車(FCV)を検討中の方へおすすめサブスク【PR】




エコな車に乗りたい!車にお金をあまりかけたくない!という方に選ばれているのが「KINTO」。

KINTOは、購入でもシェアでもない、新しいクルマの持ち方です。

▼選ばれているポイント
1.頭金なし、月々定額!
2.自動車税・任意保険など、必要な費用がコミコミ!
3.愛車ポイントサービスでギフトがもらえる!

車は所有しない時代へ。賢い選択をする方におすすめです。

KINTOは新車のトヨタ車に頭金なしで乗れる、業界最大手のサブスクサービスです。

燃料電池自動車(FCV)を検討中の方へおすすめカーリース【PR】



トヨタ車以外からも選びたい!ガソリン値引きもほしい!という方に選ばれているのが「コスモMyカーリース」。

「コスモMyカーリース」では、頭金0円・月々定額で好きな車の新車に乗れます。

▼選ばれているポイント
1.ご契約期間、月々定額のためお支払いが一定
2.フルメンテナンスつきで、プロに任せて安心
3.ガソリン値引きがあり、燃料費も節約

頭金0円で月々ずーっと定額。コスモ石油のカーリースです。

コスモMyカーリースは好きな新車に頭金なしで乗れる、業界大手のカーリースです。

燃料電池自動車(FCV)を検討中の方へおすすめ新サービス【PR】




輸入車からも選びたい!車にお金をあまりかけたくない!という方に選ばれているのが「SOMPOで乗ーる」。

保険の「SONPO」とITの「DeNA」の新サービス!全車種選択が可能(国産、輸入車)です。

▼選ばれているポイント
1.頭金0円、ボーナス払いなし(全てコミコミで月額定額)
2.他社と比べ「輸入車」が選べ約300車種は国内最大級!
3.カーシェアもできるカーリース!

「途中でかえせる」or「最後にもらえる」を選べます。独自のサービス展開中!

SOMPOで乗ーるは好きな車に頭金なしで月1万円~乗れる、カーシェアもできるカーリースです。

あわせて読みたい

本当に全てコミコミのメンテナンス付リース

意外と知らない!バナナを食べるメリット・デメリット【朝が効果的?】前のページ

意外と知らない!はちみつを食べるメリット・デメリット【効果まとめ】次のページ

関連記事

  1. 車・バイク

    他社との違いは?コスモMyカーリースのメリット・デメリット【口コミ評価】

    コスモMyカーリースのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  2. 車・バイク

    カーリースはデメリットだらけ?後悔したくないメリットも知ろう

    カーリースのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  3. 車・バイク

    他社との違いは?「SOMPOで乗ーる」のメリット・デメリット【口コミ評判】

    DeNAとSOMPOが始めたサービス「SOMPOで乗ーる」のメリット・…

  4. 車・バイク

    今さら聞けない!ハイブリッド車のメリット・デメリット【みんなの本音】

    ハイブリッド車のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  5. 車・バイク

    車の頭金はいつ払う?いくら払う?メリット・デメリット【みんなの本音】

    車を購入する時に頭金を払うメリット・デメリットを膨大な口コミデータから…

  6. 車・バイク

    今さら聞けない!ディーゼル車のメリット・デメリット【みんなの本音】

    ディーゼル車のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

よく読まれている記事

PAGE TOP