コスメ・メイク

副作用は?バクチオールのメリット・デメリット【みんなの本音】

美容好きから注目をあつめている成分、バクチオール。

この記事では、バクチオールのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

バクチオール製品を検討中の人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

バクチオールとは

バクチオールとはオランダビユというマメ科の植物から抽出される天然成分です。(もともとはインドに古くから伝わる生命科学アーユルヴェーダのもと、使用されてきました。)

シワ改善効果を認められている「レチノール」と同様の働きをすることがわかっており、“次世代レチノール”とも呼ばれています

日本での認知度はまだそれほど高くありませんが、海外では既に知名度があり、日本でもじわじわと注目され始めています。

参考:品川美容外科「次世代レチノールとも言われる「バクチオール」 注目の効果と理由は?」

バクチオールのメリット

バクチオールは、抗酸化作用やレチノールと同様の効果など、肌への優れた効果が期待できる注目成分です。

以下では、バクチオールのメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 抗酸化作用

バクチオールには強力な抗酸化作用があります。これにより、肌の老化を防止し、シミやシワの改善に効果的です。また、紫外線やストレスなど外部からのダメージを軽減する働きもあります。

2) レチノールと同等の効果

バクチオールは、レチノールと同様の効果を持つとされています。しかし、肌への刺激が少なく、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用することができます。

3) 使いやすさ

バクチオールはレチノールに比べて安定性が高く、酸化しにくい特徴があります。そのため、製品内での効果が持続しやすく、長期間使用しても効果を感じることができます。

4) 肌トーンの均一化

バクチオールは肌内部のメラニン生成を抑制する働きがあります。そのため、肌トーンを均一化させる効果があり、シミや色素沈着の改善に役立ちます。

5) ニキビや肌荒れの改善

バクチオールは抗炎症作用があり、ニキビや肌荒れの改善に効果的です。炎症を鎮めることで、肌のトラブルを軽減し健康な肌へ導くことができます。

バクチオールのデメリット

バクチオールは、効果的なエイジングケアや肌トラブル解消には欠かせない成分ですが、注意点もしっかり押さえて正しく使いましょう。

以下にてバクチオールのデメリットを5つご紹介します。

1) 皮膚の刺激

バクチオールは、レチノールよりも低刺激な成分として注目されていますが、敏感肌や乾燥肌の方にとっては必ずしも適切ではありません。一部の人には、バクチオールを使用することで皮膚の刺激やかゆみが生じる可能性があります。

2) 光感度

バクチオールを使用した場合、皮膚が光により敏感になることがあります。そのため、太陽光や紫外線から肌を保護する必要があります。日焼け止めを常に使用し、日中の紫外線への曝露を最小限にしましょう。

3) 利用者向け情報不足

バクチオールは比較的新しい美容成分であるため、まだまだ詳細な情報や研究結果が限られています。利用者向けの情報不足や製品の選択の難しさもデメリットと言えるでしょう。注意深く製品を選び、効果やリスクについて専門家へ相談することが重要です。

4) 保存に注意が必要

バクチオールは空気や光に敏感な成分です。製品の保存や取り扱い方法に注意を払わなければ、効果が低下する可能性があります。製品の使用前に添付の注意書きをよく読み、正しく保管しましょう。

5) 使用過剰による副作用

バクチオールは適切な量で使用すれば安全ですが、使用過剰により副作用が生じることもあります。肌の乾燥やかぶれ、赤みなどが起こった場合は、使用を中止して専門家に相談しましょう。個人差もあるため、自身の肌状態をよく観察し、適切な使い方を心掛けましょう。

バクチオールのメリット・デメリットまとめ

本記事では、バクチオールのメリット・デメリットについてまとめました。

バクチオールは、レチノールと比べて副作用が少なく、肌への刺激もマイルドです。また、バクチオールは紫外線や熱、酸素にも強く安定しているため、製品の劣化や効果の低下を気にすることなく使うことができます。
さらに、バクチオールはビタミンC製品との併用がしやすいというメリットもあります。ビタミンCとの相乗効果で、さらに美肌効果を高めることができます。このように、バクチオールは多くのメリットがあり、エイジングケア成分として注目を集めています。

一方、バクチオールにはデメリットもあります。まだまだ認知度が低く、市場に出回っている製品も限られています。そのため、入手が難しかったり、価格が高かったりすることがあります。また、バクチオールの効果はレチノールと比べると劣ると言われています。レチノールの効果に満足している方にとっては、バクチオールへの切り替えは必要ないかもしれません。

それでも、バクチオールのメリットとデメリットを考慮し、自分の肌質やニーズに合わせて使うことが大切です。バクチオールの効果や特徴を理解し、正しい使い方を心掛ければ、より効率的なエイジングケアが期待できます。

医師や専門家のアドバイスを受けながら、バクチオールを上手に活用し、美しい肌を手に入れましょう。

バクチオールに関するみんなの本音

バクチオールでの美肌づくりをさらにサポートするサービス【PR】

バクチオールでお肌を整えながら、あわせてプロのフェイシャルエステはいかがですか?

世界が認めるハイグレードエステサロン「ミス・パリ」

海外セレブも御用達する世界レベルのエステティシャンが揃う一流サロンです。安全で高度な技術で、美しいお肌作りのサポートをしてくれます

効果検証を実施した自慢のトリートメントは、安全性・有効性に優れた機器だけを使用。エステティック業界では、初めてISO9001を取得した、世界が認める高品質サロンです。

ハリ・ツヤのある若々しい素肌を求めるなら「生コラーゲンスペシャル美顔法」が最適です。通常価格25,300円(税込)のところ初回限定7,700円(税込)の体験価格で受けることができます。

「美」「健康」「癒し」を最高の形で実現してくれるから、一度体験すると癖になると評判です。

バクチオールとあわせて検討したい健康的な体づくりをサポートするサービス【PR】


若々しく健康に生きるための人生に欠かせない成分といわれる、次世代成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMNは、本来は体内で生成される物質ですが、加齢に伴い減少していく※傾向に。
近年ではハーバード大を始め、多くの健康維持関連の研究に取り上げられ、若々しさの鍵を握るとされるサーチュイン遺伝子とNMNには密接な関係があることがわかりました。
「健康」や「若々しさ」をサポートすることが期待できると世界中で注目を浴びています
※参考:日経バイオテク「最近よく聞くNMN、若返りに効くって本当?」

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1が「GAAH INNER BEAUTY」です。

NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得し、専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

GAAH INNER BEAUTYは、NMN純度99.9%以上※と業界屈指の高純度を実現。
※検査機関:日本食品検査 首都圏事務所2021年1月15日

最先端の技術が業界最大のコスパで手に入ります。
若々しく健やかな体で、人生100年時代を輝かしく過ごしましょう!

あわせて読みたい


意外と知らない!熱帯魚を飼うメリット・デメリット【飼い主の声】前のページ

今さら聞けない!セラミドのメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. コスメ・メイク

    今さら聞けない!導入美容液のメリット・デメリット【みんなの本音】

    美肌を目指すためには、正しいスキンケアが欠かせません。その中でも注目さ…

  2. コスメ・メイク

    効果ない?レチノールのメリット・デメリット【みんなの本音】

    美容業界でも注目を浴びている成分、レチノール。その効果は美肌への近道と…

  3. コスメ・メイク

    今さら聞けない!セラミドのメリット・デメリット【みんなの本音】

    保湿成分の1つとして知られる「セラミド」。この記事では、セラミ…

  4. コスメ・メイク

    今さら聞けない!ノーファンデーションのメリット・デメリット【みんなの本音】

    ノーファンデーションのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  5. コスメ・メイク

    今さら聞けない!クッションファンデーションのメリット・デメリット【みんなの本音】

    クッションファンデーションのメリット・デメリットを膨大な口コミデータか…

よく読まれている記事

PAGE TOP