金融

知らないと損?定期預金のメリット・デメリット【みんなの声】

定期預金をするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから定期預金を始めようか迷っている方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

定期預金とは?

一般的に定期預金とは、銀行などの金融機関にお金を預け、一定期間(例: 1か月、3か月、1年など)固定の金利で運用される預金の形態です。

預けた期間中は預金額や金利が固定され、一定の利息が得られます。

一方で、預けたお金を期間内に引き出すことが難しく、引き出す場合には一定の手数料や利息の減少が発生することがあります。

定期預金は安定した利息収入を得る手段として利用され、リスクを最小限に抑えた資産運用の一形態と言えます。

参考サイト:金融庁HP

定期預金のメリット

定期預金を始めることは、多くの人にとって一定のメリットがあります。

資産の多様化や専門知識不要、少額から始められるなど、定期預金は一つの選択肢です。

以下では、定期預金を始めるメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 安定した利回り

定期預金は一定期間お金を預けるため、金融機関がより高い金利を提供しています。普通預金よりも利回りが高く、安定した収益を得ることができます。将来の備えや目標達成のために、安定した利回りを求める方には適した投資先です。

2) 預入期間の設定

定期預金では、自分の希望に合わせて預入期間を設定することができます。1か月から数年までさまざまな期間があり、自分の予定や目標に合わせて柔軟に選択できます。短期的な資金管理から長期的な資産形成まで、自分のニーズに合わせた運用プランを組むことができます。

3) リスクヘッジ

株式や商品などの投資商品は価格変動によってリスクがつきものですが、定期預金は安定した運用方法です。市場の変動や経済情勢に左右されず、本人にとって重要なお金を確実に守ることができます。将来の安定への備えとして、リスクを最小限に抑えたい方にはおすすめです。

4) 税金対策

定期預金は所得税の控除対象となる場合があります。一定期間お金を預けることによって、所得税を軽減することができます。また、利息所得は源泉徴収されるため、手続きや申告の手間も少なくなります。節税対策を考えている方には有益な方法です。

5) 資産運用の一部として

定期預金は資産運用の一部として位置付けることができます。株式や不動産など他の投資商品と組み合わせてポートフォリオを構築し、リスク分散効果を狙うことも可能です。バランスの取れた資産形成を目指す上で、定期預金は安定した要素として重要な役割を果たします。

定期預金のデメリット

定期預金を検討する際には、デメリットも考慮する必要があります。

以下に、定期預金を始めるデメリットを5つご紹介します。

1) 低い金利

定期預金の最大のデメリットは、低い金利です。現在の金融市場では、銀行が提供する定期預金の金利は非常に低い傾向にあります。そのため、お金を長期間預けても、あまり利益を上げることはできません。他の投資手段と比べると、成果をあげることが難しいと言えます。

2) 中途解約ができない

定期預金を選ぶ際に注意しなければならない点は、中途解約ができないことです。契約期間中はお金を引き出すことができず、困った事態や急な出費に対応することが難しくなります。予想外の状況に備えて柔軟性を持たせたい方には向かないデメリットです。

3) インフレ率の上昇

時代や経済状況によっては、インフレ率が上昇する可能性もあります。その場合、定期預金の利息だけでは実際の物価上昇と比較して十分な増益が得られません。そのため、将来の資産価値を守りながら増やすという点では、他の投資手段を検討する必要があります。

4) 長期固定化

定期預金は、契約期間が決まっているため、その間はお金を使うことができません。貯蓄目的以外にも利用したい場合や投資などへの資金移動が求められる場合には制限されてしまいます。柔軟性を持たせたい方にはデメリットと言えます。

5) 収益性の低さ

定期預金は長期であっても目減りすることはない一方で、収益性も限られています。特に現在の低金利状況下では、投資や他の金融商品と比べて収益性が非常に低くなる可能性があります。将来の資産増加を見込むには他の運用方法を検討することも重要です。

定期預金のメリット・デメリットまとめ

本記事では、定期預金を始めるメリット・デメリットについてまとめました。

まとめると、定期預金をするメリットは現在の金利状況下ではほとんどないことが分かります

現在の低金利の時代では、定期預金でお金を運用するよりも、他の投資商品を検討する方が効率的です。

一方、投資はリスクを伴いますが、適切な資産運用方法を選ぶことで、定期預金よりも高いリターンを得ることができる可能性があります。投資には株式や債券、不動産などさまざまな選択肢がありますので、自分のリスク許容度や目標に応じて適切な投資商品を選ぶことが重要です。

とはいえ、定期預金をするメリットは、元本保証という安心感があることです。しかし、現在の金利状況下では、この安心感が投資の魅力に比べて薄れてしまっています。そのため、投資を考える際には、リスクやリターン、自分の目標に合わせて慎重に選択することが大切です。

最後に、定期預金を含めた様々な選択肢を比較検討し、自分にとって最適な方法を見つけることが重要です。

将来の目標やリスク許容度に合わせて適切な資産運用を行い、資産を効率的に増やすことを目指しましょう。

定期預金に関するみんなの本音

SNSの声を見ると、定期預金でお金を増やすのは難しいという声が多々あり、定期預金よりFXをやってお金を稼ぐ方が早いという声が多いようです。

定期預金よりお金を増やしたい人向けのサービス【PR】




定期預金もいいですが、FX取引を始めてみませんか?
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれている「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

年収600万円以上の方限定!選ばれているサービス【PR】

定期預金やるなら学んでおきたい、投資・資産運用の基礎。でも自分で勉強するのは難しいし時間がない

そういう方に向けておすすめなのが、【マネきゃん/Money Camp】です。

マネきゃんは、資産運用をこれから始めたい会社員・公務員にむけた無料のオンラインセミナーを開催しています。

ただし、年収600万円以上、年齢は26歳以上~45歳以下の方限定です!

==セミナーで学べる事=============
年金対策に最適な資産形成術とは
少額で出来る不労所得の作り方
会社員・公務員でもできる節税方法
NISA・iDeCoの効率的な活用法
投資信託の選び方
=======================

満足度95%の人気講師が60分で、初心者にもわかりやすく説明してくれます。

スマホで参加OK!様々な時間帯から好きな日時のセミナーに参加可能

NISAやiDeCoの運用方法やしっかり増やすための商品選定が自分でできるようになります。

会社員・公務員が実践できる節税方法を学ぶことができます。


あわせて読みたい

意外と知らない?無脂肪牛乳のメリット・デメリット【効果まとめ】前のページ

知らないと損?ビットコインのメリット・デメリット【仮想通貨】次のページ

関連記事

  1. 金融

    使いすぎ解決!電子マネーのメリット・デメリット【消費者の声】

    電子マネーに関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  2. 金融

    知らないと損?ネット証券のメリット・デメリット【手数料/口座】

    ネット証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  3. 金融

    知らないと損?楽天銀行のメリット・デメリット【手数料】

    楽天銀行に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  4. 金融

    やめた方がいい?ペアローンのメリット・デメリット【住宅ローン】

    ペアローンを組むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  5. 金融

    知らないと損?SBI証券のメリット・デメリット【積立NISA】

    SBI証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  6. 金融

    知らないと損?楽天証券のメリット・デメリット【ポイント】

    楽天証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

よく読まれている記事

PAGE TOP