金融

知らないと損?楽天銀行のメリット・デメリット【手数料】

楽天銀行に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから楽天銀行で口座開設しようとする方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

楽天銀行とは?

楽天銀行は、日本のインターネット銀行で、2000年に楽天グループによって設立されました。主にオンラインを通じて取引が行われ、店舗を持たないため、顧客はインターネットやスマートフォンを利用して口座開設や各種取引を行います

楽天銀行は手数料が低く、預金金利も競争力があり、その利便性から多くの人に利用されています。口座開設は簡単で、手続きもオンライン上で完結できます。また、ATMや提携先のコンビニATMを利用することで、24時間いつでも入出金が可能です。

多様な預金商品や投資信託、クレジットカードなども提供しており、顧客に幅広い金融サービスを提供しています。楽天グループのネットショッピングモールやサービスとも連携しており、利用者にとって便利な一体型のサービスを提供しています。

楽天銀行のメリット

楽天銀行で口座開設することで、さまざまなメリットが得られます。

そこで、今回は楽天銀行に関するメリットについて特徴的な5選を紹介します。

1) 高金利での預金が可能

楽天銀行を選ぶ最大の魅力は、高金利での預金が可能ということです。楽天銀行は店舗を持っていないため、その分低コスト化が図られ、その恩恵として高金利を実現しています。預金をするだけでなく、外貨預金や定期預金など、様々なラインナップの商品から選ぶこともできます。

2) ポイント優待制度が充実

楽天銀行では、口座開設時にポイントがもらえるだけでなく、利用ごとにポイントが付与されます。これまで貯めてきた楽天ポイントを振込手数料やデビットカードの支払い、外貨預金への預入れに使用することができます。また、楽天カードや楽天証券と連携することでさらにお得なポイントを獲得することも可能です。

3) 充実したスマホアプリの利便性

楽天銀行では、スマートフォンを使った各種サービスが充実しています。口座開設後は専用アプリをダウンロードすることで、残高照会や振込などのサービスをいつでもどこでも利用することができます。また、バーコード支払いや最寄りのATM検索など、アプリならではの便利な機能も備えています。

4) 利用できるATMが多数

楽天銀行は全国に多数の提携ATMを持っており、そのため利用者はコンビニエンスストアや銀行のATMから手数料なしで入金や引き出しができます。さらに、楽天銀行カードを使えば海外でも提携ATMから現地通貨の引き出しも可能です。

5) 優れたマネーブリッジサービス

楽天銀行と楽天証券を連携させることで、「マネーブリッジ」というサービスを利用することができます。このサービスでは、預金口座と証券口座を自動的に連携させることにより、資金移動や取引記録の管理が簡単に行えます。さらに、マネーブリッジを活用すれば預金金利も優遇され、よりお得に資産を運用することができます。

楽天銀行のデメリット

楽天銀行にすることは、ポイント的にも多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。

以下では、楽天銀行にすることで起こるデメリットについてご紹介します。

1) 実店舗がない

楽天銀行はネット銀行なので、実際の店舗は存在しません。口座開設や手続きは全てオンライン上で行われます。もし直接担当者と話をしたい場合や、窓口での対応を希望する場合には他の銀行を選ぶ必要があります。

2) 手数料無料に条件がある

楽天銀行を利用しても手数料がかからないというメリットがありますが、一部条件があります。例えば、ATM引き出し回数や振込み回数に制限があったり、特定の残高以上でなければ手数料が発生したりすることもあります。注意が必要です。

3) 引落・振込口座に設定できない場合がある

楽天銀行では、引落先や振込み先として他の金融機関の口座を指定することができません。これは他の銀行から楽天銀行への移行を検討している方にとってデメリットとなる可能性があります。

4) 金利が他の銀行に比べて低い

楽天銀行では、預金口座などの金利が他の一般的な銀行に比べてやや低い傾向があります。資産を増やすことに重点を置く方にとっては、他の銀行を選ぶ方が得策かもしれません。

5) 預け入れ限度額がある

楽天銀行では、預金口座の預け入れ限度額が決まっています。これは大きな資金を管理したり、高額な入出金を行いたい場合には制約となる可能性があります。個別のニーズに合わせて検討する必要があります。

楽天銀行のメリット・デメリットまとめ

本記事では、楽天銀行に関するメリット・デメリットについてまとめました。

まず、楽天市場のポイントが+1倍になるという点が大きな魅力です。また、他の銀行と比べて金利が高めであることや、利用できるATMが多いという点も利用者にとって魅力的です。さらに、各種手数料が無料(回数制限はありますが)という点も利用者にとって大きなメリットです。

一方、楽天銀行を利用する際のデメリットもあります。まず、実店舗がないため、対面での窓口サービスが受けられないという点が挙げられます。また、手数料無料には条件があり、一定の取引回数や条件を満たす必要があることも注意が必要です。さらに、引落や振込口座に設定できない場合があるという点もデメリットとして挙げられます。

楽天銀行は楽天証券との連携が強力であり、さらなるお得なサービスが受けられる点も魅力です。金利が優遇される点や、楽天銀行と楽天証券の入出金管理が自動で行われる点は便利です。取引ごとに楽天ポイントが付与されるという点も利用者にとって大きなメリットです。

以上のように、利用者は自身のニーズや利用頻度に合わせて判断する必要があります。
楽天証券との連携によりさらなる特典を受けられる点も魅力的です。楽天銀行を利用する際は、自身の利用スタイルや条件をよく考慮し、最適な選択をすることをおすすめします。

楽天銀行を選ぶ賢い人が既にやっていること【PR】




楽天銀行で口座開設している人が次にやっていることは、FX取引です。
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているのが「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

年収600万円以上の方限定!選ばれているサービス【PR】

楽天銀行で口座開設するなら学んでおきたい、投資・資産運用の基礎。でも自分で勉強するのは難しいし時間がない

そういう方に向けておすすめなのが、【マネきゃん/Money Camp】です。

マネきゃんは、資産運用をこれから始めたい会社員・公務員にむけた無料のオンラインセミナーを開催しています。

ただし、年収600万円以上、年齢は26歳以上~45歳以下の方限定です!

==セミナーで学べる事=============
年金対策に最適な資産形成術とは
少額で出来る不労所得の作り方
会社員・公務員でもできる節税方法
NISA・iDeCoの効率的な活用法
投資信託の選び方
=======================

満足度95%の人気講師が60分で、初心者にもわかりやすく説明してくれます。

スマホで参加OK!様々な時間帯から好きな日時のセミナーに参加可能

NISAやiDeCoの運用方法やしっかり増やすための商品選定が自分でできるようになります。

会社員・公務員が実践できる節税方法を学ぶことができます。


あわせて読みたい

効果ある?セルフホワイトニングのメリット・デメリット前のページ

効果ない?レチノールのメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. 金融

    知らないと損?定期預金のメリット・デメリット【みんなの声】

    定期預金をするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  2. 金融

    知らないと損?SBI証券のメリット・デメリット【積立NISA】

    SBI証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  3. 金融

    楽天カードで公共料金を支払うメリット・デメリット【節約術】

    楽天カードで公共料金を支払うメリット・デメリットを膨大な口コミデータか…

  4. 金融

    知らないと損?ネット証券のメリット・デメリット【手数料/口座】

    ネット証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  5. 金融

    知らないと損?楽天証券のメリット・デメリット【ポイント】

    楽天証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  6. 金融

    やめた方がいい?ペアローンのメリット・デメリット【住宅ローン】

    ペアローンを組むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

よく読まれている記事

PAGE TOP