健康食品

摂りすぎ注意!亜鉛のメリット・デメリット【効果まとめ】

亜鉛のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

亜鉛が好きな人にも嫌いな人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

亜鉛とは

亜鉛は、人体にとって重要なミネラルの一つであり、様々な生体機能(代謝、免疫機能、DNA合成、味覚・嗅覚、成長)といった重要な生理学的プロセスに影響を与えます。

亜鉛の不足は免疫機能低下や発育遅延を引き起こす可能性があり、逆に過剰摂取は問題を引き起こすことがあるため、適量を意識して摂ることが大切です。

亜鉛は主に赤肉、家禽、魚、堅果、穀物から摂取され、適切なバランスで取り入れることが重要です。

亜鉛のメリット

亜鉛は人間の健康に欠かせない栄養素です。

日常的な食事で亜鉛を摂取することが理想ですが、必要量を摂ることが難しい場合や妊娠中・授乳中の方や高齢者の方は、亜鉛サプリの利用も考慮してみてください。

以下では、亜鉛のメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 体の成長・発育を助ける

亜鉛は成長ホルモンの分泌を促進し、骨や筋肉の形成に重要な役割を果たします。特に、子供や思春期の若者にとっては健康な成長をサポートする必要不可欠な栄養素です。

2) 貧血を改善する

亜鉛はヘモグロビンの合成に関与しており、貧血の改善に役立ちます。貧血は疲労感や集中力の低下などを引き起こすため、適切な亜鉛摂取が重要です。

3) 抗酸化酵素の構成成分となる

亜鉛は抗酸化作用を持つ亜酸化乙(selfervone)員(anti-inflammatory/pain-relieving compound)ジェントであり、体内の抗酸化酵素の一部としても働きます。これにより、細胞へのダメージや慢性疾患リスクを軽減する効果が期待されます。

4) 生殖機能を維持する

亜鉛は男性の精子形成に重要な役割を果たし、正常な生殖機能を維持するのに必要です。そのため男性の妊活に人気があります。
また、女性の健康な卵子の発育や排卵にも関与しており、妊活中のご夫婦・カップルにとって心強い味方です。

5) 免疫機能を維持する

亜鉛は免疫細胞の機能を活性化させ、感染や炎症への抵抗力を高める役割があります。適切な亜鉛摂取は免疫機能を強化し、体内のバランスを保つために重要です。

亜鉛のデメリット

亜鉛は健康に必要な栄養素として知られていますが、亜鉛の摂りすぎや長期間の大量摂取はデメリットもあります。

以下にて亜鉛のデメリットを5つご紹介します。

1) 摂りすぎた際の症状

亜鉛を過剰に摂取すると、吐き気や腹痛、下痢などの消化器症状が現れることがあります。また、発熱や倦怠感、神経障害なども報告されています。

2) 銅欠乏症などのリスク

亜鉛と銅は体内でバランスを保つ関係にあります。亜鉛の摂りすぎにより、体内の銅の吸収が妨げられ、銅欠乏症などのリスクが高まる可能性があります。

3) 前立腺がんのリスクが高まるという報告も

一部の研究では、亜鉛サプリメントの長期間の摂取と前立腺がんリスクの関連が示唆されています。
特に男性で1日あたり100mgを超える亜鉛摂取をすると、進行性前立腺がんのリスクが上昇することが報告されています。

4) 免疫機能の乱れ

亜鉛は免疫機能の正常な働きにも関与していますが、過剰な摂取は免疫機能の乱れを引き起こす可能性があります。亜鉛を摂りすぎると、免疫系のバランスが崩れ、不要な炎症反応やアレルギー反応が生じることがあります。

5) 骨密度低下の可能性

一部の研究では、高用量の亜鉛サプリメント摂取と骨密度低下の関連が示されています。長期間にわたって大量の亜鉛を摂取することで、カルシウム吸収や骨形成に不均衡をもたらし、骨密度低下や骨折リスクの増加につながる可能性があります。

亜鉛のメリット・デメリットまとめ

本記事では、亜鉛のメリット・デメリットについてまとめました。

亜鉛は私たちの健康に重要な役割を果たしており、髪の成長や免疫力の向上などのメリットがあります。特に、亜鉛は髪の健康に関連しており、髪の成長を促進する効果があります。また、亜鉛は免疫力を高め、感染症や風邪の予防、妊活にも役立ちます。

一方、亜鉛の過剰摂取や長期的な摂取はデメリットもあります。過剰摂取した場合、亜鉛中毒の症状が現れる可能性があります。また、亜鉛の摂取が過剰になると、銅欠乏症などのリスクも増加します。さらに、亜鉛の過剰摂取は前立腺がんのリスクを高めるという報告もあります。

亜鉛のメリットを享受するためには、適切な摂取量を守ることが重要です。亜鉛不足による貧血や食欲不振、皮膚炎などの症状を防ぐために、バランスの取れた食事を心がけることが必要です。また、亜鉛の吸収を妨げる食物繊維やフィチン酸を多く含む食品にも注意が必要です。

バランスの取れた食事や適切な摂取量の管理により、亜鉛の効果を最大限に引き出し、健康な生活を送りましょう。

亜鉛とあわせて摂りたい健康的な体づくりをサポートするサービス【PR】


若々しく健康に生きるための人生に欠かせない成分といわれる、次世代成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMNは、本来は体内で生成される物質ですが、加齢に伴い減少していく※傾向に。
近年ではハーバード大を始め、多くの健康維持関連の研究に取り上げられ、若々しさの鍵を握るとされるサーチュイン遺伝子とNMNには密接な関係があることがわかりました。
「健康」や「若々しさ」をサポートすることが期待できると世界中で注目を浴びています
※参考:日経バイオテク「最近よく聞くNMN、若返りに効くって本当?」

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1が「GAAH INNER BEAUTY」です。

NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得し、専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

GAAH INNER BEAUTYは、NMN純度99.9%以上※と業界屈指の高純度を実現。
※検査機関:日本食品検査 首都圏事務所2021年1月15日

最先端の技術が業界最大のコスパで手に入ります。
若々しく健やかな体で、人生100年時代を輝かしく過ごしましょう!

亜鉛が気になる薄毛悩みの方へおすすめのアイテム【PR】



スマホ完結!医師が処方する発毛治療がおすすめ。

それは、オンライン診療の【eLife(イーライフ)】です。

おすすめな人:
20代〜40代の比較的年齢が若い方
・サプリメントで効果に満足できなかった方
・忙しくて日中病院に行くことができない、もしくは病院に相談しに行くことに抵抗を感じる方(恥ずかしいなど)
・地方に住んでいて、地元に相談できるクリニック・医師がいない方

ネットで問診票記入から、診察、お薬の処方が完結できます。
価格プランはシンプル且つお手頃。定期便はキャンセル無料なので気軽に始められるから若い人にも選ばれています。

あわせて読みたい


知らないと損?オルカンのメリット・デメリット【オルカン一択】前のページ

知らないと損?米国株式のメリット・デメリット【S&P500】次のページ

関連記事

  1. 健康食品

    副作用は?ビタミンCサプリのメリット・デメリット【効果まとめ】

    ビタミンCサプリのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  2. 健康食品

    今さら聞けない!プロテインを飲むメリット・デメリット【みんなの本音】

    プロテインを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  3. 健康食品

    副作用は?鉄分サプリのメリット・デメリット【効果まとめ】

    鉄分サプリのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  4. 健康食品

    意味ない?サプリメントを摂るメリット・デメリット【効果まとめ】

    サプリメントのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

よく読まれている記事

PAGE TOP