健康食品

意味ない?サプリメントを摂るメリット・デメリット【効果まとめ】

サプリメントのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

サプリメントを摂取中の人も、検討中の人にも分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

食品から栄養を摂るのとどう違うの?

サプリメントの利用状況は年々増加し、最近では約3割の人が毎日サプリメントを利用している状況です。また以前サプリメントを利用したことがある方は約8割もいます。

とはいえ、サプリメントは、食事ではなく医薬品や健康食品に分類されるものです。
したがって、食品から摂取するよりも効果が高いとは限りません。食品は栄養素だけでなく、食物繊維やビタミン類など様々な成分を含んでおり、バランスの良い食事を通じて栄養を摂ることが重要です。

参考:公益財団法人長寿科学振興財団「サプリメントの定義と正しい利用法」

サプリメントはいつ摂ると効果的?

サプリメントは毎日継続して摂取することで効果を発揮する場合が多いです。しかし、コンビニエンスストアやテレビショッピングで手軽に手に入れられるため、つい服用を忘れてしまうこともあります。
また、サプリメントを飲むタイミングにも注意が必要です。例えば、鉄分を含むサプリメントは食事中に摂ると吸収率が高まるため効果的です。

サプリメントを摂るメリット

健康維持や栄養補給の一環として、サプリメントの摂取が注目されています。

以下では、サプリメントのメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 簡単に特定の栄養素を取り入れることができる

サプリメントは、特定の栄養素を簡単に摂取できる便利な方法です。例えば、ビタミンやミネラル、鉄分、亜鉛などを手軽に補給することができます。忙しい日常生活や食事制限のある場合でも、サプリメントを摂取することで必要な栄養素を手に入れることができます。

2) 必要な1日分の摂取量を身体に摂れる

健康的な生活を送る上で必要な栄養素は、一日の食事だけでは十分に摂取することが難しいこともあります。しかし、サプリメントを摂取することで、不足しがちな栄養素を補うことができます。特にビタミンDやカルシウムなど、不足しがちな栄養素を補給するためには効果的です。

3) 薬と違い副作用の心配が少ない

一般的に、サプリメントは自然由来の成分を使用しているため、薬と比べて副作用の心配が少ないと言われています。ただし、過剰摂取や他の薬との併用には注意が必要です。医師や専門家の指導のもとで適切な摂取量を守ることが重要です。

4) 食欲がなくても栄養補給できる

体調がすぐれない時や食欲が低下している時でも、サプリメントを摂取することで栄養補給が可能です。消化吸収が比較的スムーズに行われるため、体内に必要な栄養素を効率よく届けることができます。

5) 毎日続けることができる

健康維持や美容目的で始めた食事制限や運動などは、忙しさやモチベーションの低下によって中々長続きしないこともあります。しかし、サプリメントは毎日続けることが比較的容易です。手軽に摂取できるため、生活の一部として定着させやすい点も大きなメリットです。

サプリメントのデメリット

サプリメントは手軽で便利に栄養補給ができる手段ですが、実はデメリットもあります。

以下にてサプリメント摂取のデメリットを5つご紹介します。

1) アレルギー反応のリスク

サプリメントには、天然由来の成分や自然成分が含まれていると宣伝されていますが、それでもアレルギー反応が起こる可能性があります。個人によっては、摂取したサプリメントの成分に対してアレルギー反応が出ることがあります。特に、花粉症や食物アレルギーを持つ人は注意が必要です。

2) 過剰摂取による健康被害

サプリメントを意図的に過剰摂取すると、健康被害のリスクがあります。例えば、鉄分の過剰摂取により吐き気や便秘が起こることがあります。また、カルシウムの過剰摂取は高カルシウム血症を引き起こす可能性もあります。サプリメントは適量を守って摂取する必要があります。

3) 経済的な負担

サプリメントは一般的に食品よりも高価です。毎日継続的に摂取する場合、経済的な負担となる可能性もあります。特に特定の栄養素を補うための高価なサプリメントは、長期的に負担になることもあります。予算を考慮しながら、適切なサプリメントを選ぶことが重要です。

4) 健康食品の代替

サプリメントを摂取する際には、健康食品やバランスの取れた食事との関連性も考慮する必要があります。栄養素を自然な形で食品から摂取することが推奨されており、サプリメントはその補完として利用するべきです。十分な食事を摂ることができれば、無理にサプリメントを摂取する必要はありません。

5) 購入場所の制限

一部の特定のサプリメントは、ドラッグストアやコンビニでは手に入りにくい場合もあります。インターネット経由でしか入手できない場合や輸入品として扱われる場合もあります。このため、必要な時にすぐに手に入れることが難しい場合もあるため、購入場所の制限を考慮する必要があります。

サプリメントのメリット・デメリットまとめ

本記事では、サプリメントのメリット・デメリットについてまとめました。

まず、サプリメントのメリットとしては、1日に必要な栄養素を手軽に摂取できることが挙げられます。忙しい現代人にとって、バランスの取れた食事を摂ることは難しい場合もありますが、サプリメントを活用することで不足しがちな栄養素を補えます。また、サプリメントは食欲がないときや食事制限中でも栄養補給ができる利点もあります。

しかし、サプリメントにはデメリットも存在します。まず、過剰摂取による健康リスクがあります。サプリメントは食品とは異なり、一度に大量の栄養素を摂取することができます。過剰摂取は体に負担をかけ、健康問題を引き起こす可能性があります。

さらに、サプリメントは食品から栄養を摂ることとは異なる点もあります。食品は栄養素だけでなく、食物繊維や水分なども含んでおり、体にとって必要なバランスを提供します。一方、サプリメントは栄養素の摂取に特化しており、食品と比べると栄養素の種類や量が異なる場合があります

サプリメントを活用する場合には、適切な摂り方が重要です。自身の健康状態や目的に合わせて、信頼できる商品を選び、適切な摂取方法を守ることで、より効果的にサプリメントを活用することができるでしょう。

サプリメントとあわせて摂りたい健康的な体づくりをサポートするサービス【PR】


若々しく健康に生きるための人生に欠かせない成分といわれる、次世代成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMNは、本来は体内で生成される物質ですが、加齢に伴い減少していく※傾向に。
近年ではハーバード大を始め、多くの健康維持関連の研究に取り上げられ、若々しさの鍵を握るとされるサーチュイン遺伝子とNMNには密接な関係があることがわかりました。
「健康」や「若々しさ」をサポートすることが期待できると世界中で注目を浴びています
※参考:日経バイオテク「最近よく聞くNMN、若返りに効くって本当?」

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1が「GAAH INNER BEAUTY」です。

NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得し、専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

GAAH INNER BEAUTYは、NMN純度99.9%以上※と業界屈指の高純度を実現。
※検査機関:日本食品検査 首都圏事務所2021年1月15日

最先端の技術が業界最大のコスパで手に入ります。
若々しく健やかな体で、人生100年時代を輝かしく過ごしましょう!

サプリメントが気になる薄毛悩みの方へおすすめのアイテム【PR】



スマホ完結!医師が処方する発毛治療がおすすめ。

それは、オンライン診療の【eLife(イーライフ)】です。

おすすめな人:
20代〜40代の比較的年齢が若い方
・サプリメントで効果に満足できなかった方
・忙しくて日中病院に行くことができない、もしくは病院に相談しに行くことに抵抗を感じる方(恥ずかしいなど)
・地方に住んでいて、地元に相談できるクリニック・医師がいない方

ネットで問診票記入から、診察、お薬の処方が完結できます。
価格プランはシンプル且つお手頃。定期便はキャンセル無料なので気軽に始められるから若い人にも選ばれています。

あわせて読みたい


副作用は?ビタミンCサプリのメリット・デメリット【効果まとめ】前のページ

おすすめしない?新興国株式のメリット・デメリット【NISA】次のページ

関連記事

  1. 健康食品

    今さら聞けない!プロテインを飲むメリット・デメリット【みんなの本音】

    プロテインを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  2. 健康食品

    副作用は?鉄分サプリのメリット・デメリット【効果まとめ】

    鉄分サプリのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  3. 健康食品

    摂りすぎ注意!亜鉛のメリット・デメリット【効果まとめ】

    亜鉛のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく…

  4. 健康食品

    副作用は?ビタミンCサプリのメリット・デメリット【効果まとめ】

    ビタミンCサプリのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

よく読まれている記事

PAGE TOP