終活

墓じまいとは?墓じまいのメリット・デメリット【相場費用】

墓じまいに関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから墓じまいをしようとする人にも、墓じまいの費用相場を知ってから検討しようとしている人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

墓じまいとは?

墓じまいは、墓地や霊園にある墓を撤去することを指します。通常、墓じまいは墓主やその家族が行い、主な理由として以下のようなケースが挙げられます。

墓地の閉鎖や整理:

墓地が閉鎖されたり整理される場合、墓じまいが行われることがあります。これは地域の都市計画や土地利用の変更などが影響して発生することがあります。

家族の移動や転居:

家族が転居したり、墓地の近くから遠くに移動する際に、墓を撤去することがあります。

後継者がいない場合:

墓主や家族が後継者がいない場合、墓じまいが検討されることがあります。これは墓地の維持や管理が難しい場合に起こります。

墓地の利用期限切れ:

墓地の契約期間が切れた場合、墓じまいが必要になることがあります。

墓じまいのプロセスには、墓地管理者や葬儀業者との協力が必要となります。墓石や墓石周辺の植栽などが撤去され、墓地の規定に従って埋葬された遺骨も移動されることがあります。墓じまいは慎重かつ法令を遵守して行われる重要な作業であり、墓主や家族は十分な計画と調整を行う必要があります。

墓じまいをするメリット

墓じまいをすることは、いくつかのメリットが存在します。

以下では、墓じまいするメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 継承者に負担をかけなくてすむ

一般的なお墓は、先祖代々に継承されることが多く、自分が亡くなった後は子どもや孫などの継承者に管理や供養を頼む必要があります。しかし、墓じまいをするとその負担をかけずに済みます。継承者がいない場合や、子どもや孫が忙しい時でも安心です。

2) 管理費用の軽減

お墓の維持管理には一定の費用がかかります。墓地の管理料や清掃費、花や供物の費用などがありますが、これらの出費は墓じまいをすることで抑えることができます。毎年の経済的な負担を軽減したい方にはおすすめです。

3) 墓じまい先できちんと供養してもらえる

改葬先を選ぶ際、永代供養の場所を選ぶことできちんとした供養が受けられます。永代供養では、専門の施設が供養を行い、先祖の霊を大切に扱ってくれます。自分や家族の供養を安心して任せられる墓じまい先を選ぶことができます。

4) 子どもや孫の負担を軽減

お墓の管理や供養は、子どもや孫たちにとっても負担となることがあります。しかし、墓じまいをすることでその負担を軽減することができます。子どもや孫たちは自分たちの時間や経済的な負担をかけずに生活できるため、将来的な安心感も得られます。

5) 自宅近くに改葬すれば供養がしやすくなる

墓じまい先を自宅近くの具体的な場所に選ぶことで、故人への供養がより身近かつ容易に行えます。毎年のお盆や法要など、訪れる機会も増え、大切な思い出を振り返ることもできます。また、故郷や特定の地域ではなく、自宅周辺に改葬することで容易に面倒を見ることができます。

墓じまいをするデメリット

墓じまいにはメリットがある一方で、実はいくつかのデメリットもあります。

以下にて墓じまいをするデメリットを5つご紹介します。

1) 伝統との繋がりを失う

墓じまいをすることで、家族や親族の歴史や伝統との繋がりを失う可能性があります。お墓は家族の代々の記憶や絆を象徴しているものであり、それを手放すことは心理的にも大きな影響を及ぼすかもしれません。

2) 遺族の感情的な負担

墓じまいは、亡くなった家族や親族への感情的なつながりを手放す行為でもあります。お墓は故人への思い出や供養の場であり、それを撤去することは遺族にとって深い悲しみや別れの念を引き起こす可能性があります。

3) 他者からの非難や批判

社会的規範や宗教上の信念によって、墓じまいは許されない行為とされる場合もあります。また、一部の人々からは欠礼だと捉えられてしまうこともあります。そのため、周囲から非難や批判を浴びる可能性があることに注意が必要です。

4) 遺骨の保管場所に関する悩み

墓じまいを行った後、遺骨の保管場所をどこにするかについて悩むことも少なくありません。一般墓地や納骨堂、自宅での供養など、選択肢はさまざまですが、その都度費用や手続きが必要となることも覚えておくべきでしょう。

5) 歴史的価値や文化的遺産の喪失

特定のお墓は歴史的価値や文化的遺産として認められている場合もあります。墓じまいによりそれらのお墓が失われると、地域社会や歴史研究などにおいて喪失感を抱く方々が存在するかもしれません。

注意:これはあくまで一般的なデメリットの例であり、すべての場合に当てはまるわけではありません。墓じまいを検討する際には、自身や家族の状況を考慮し、よく話し合うことが重要です。

墓じまいをするメリット・デメリットまとめ

本記事では、墓じまいのメリット・デメリットについてまとめました。

墓じまいを選ぶ際には、慎重に考える必要があります。墓じまいのメリットとしては、お墓の維持費の軽減や後継者問題の解消などが挙げられます。お墓の維持には負担がかかりますが、墓じまいをすることでその負担を軽減することができます。また、後継者問題が解消されることで、家族間のトラブルを避けることもできます。

一方で墓じまいのデメリットとしては、故人が生前から希望していた場合を除いて、ご先祖様への感謝や供養の場が失われることが挙げられます。また、墓じまいをすると、ご先祖様への敬意や家族の絆を感じる機会が減ることも考えられます。

墓じまいを検討する際には、これらのメリット・デメリットを十分に考慮し、自分や家族の意思や価値観に合った選択をすることが重要です。また、墓じまい後の選択肢としては、納骨堂や霊園への移転、永代供養や家族葬などの方法がありますので、自分に合った形を選ぶことも大切です。

墓じまいは一度行ってしまうと元には戻せない重大な決断です。
そのため、家族や関係者との十分な話し合いや相談を行い、慎重に検討することをおすすめします。最終的な選択は個々の状況や価値観によって異なるかもしれませんが、ご先祖様への感謝と供養の意味を忘れずに、心からの決断をすることが大切です。

あわせて読みたい


意外と知らない!ベトナム旅行のメリット・デメリット【皆の本音】前のページ

意外と知らない!スペイン旅行のメリット・デメリット【皆の本音】次のページ

関連記事

  1. 終活

    お墓はいらない?お墓を持つメリット・デメリット【一般墓の知識】

    お墓を持つメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  2. 終活

    永代供養とは?永代供養のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    永代供養に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  3. 終活

    けっこう大変?自宅葬のメリット・デメリット【費用相場は?】

    自宅葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  4. 終活

    樹木葬とは?樹木葬のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    樹木葬に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  5. 終活

    知っておきたい!一日葬のメリット・デメリット【タイムスケジュール】

    一日葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  6. 終活

    何から始める?生前整理のメリット・デメリット【いつから】

    生前整理に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

よく読まれている記事

PAGE TOP