終活

親戚は呼ばない?家族葬のメリット・デメリット【みんなの本音】

家族葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

家族葬にしたい人にも、一般のお葬式にしようか迷っている人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

家族葬とは?

家族葬は、亡くなった方の身内やごく近しい関係者のみを招いて行われる、小規模でプライベートな葬儀の形態です。一般的な葬儀と異なり、大勢の参列者を迎えるのではなく、限られた家族や友人だけが集まります。

家族葬の主な目的は、故人への最後の別れを身内だけで行うことで、静かで穏やかな雰囲気の中で亡くなった方への感謝や追悼の気持ちを表すことです。この形式の葬儀は、規模が小さいために費用を抑えることができ、また家族や親しい友人との絆を深める場となります。

家族葬は、遺族が他の方々との接触を避けつつ、静かに亡くなった方と向き合う機会を提供します。場所や形式も多様で、教会や寺院、葬儀場、自宅などで執り行われます。また、近年ではオンラインを活用したバーチャル家族葬も行われています。

この形式の葬儀は、近しい関係者同士で亡くなった方への感謝や弔意を伝え合い、静かに送ることができるため、家族や親しい友人との絆を深める意味でも選ばれることがあります。

家族葬にしたら親戚は呼ばない?

家族葬は通常、親戚以外の一般の知人や友人を呼ばない、または限られた人数で行われることが一般的です。この形式の葬儀では、身内やごく近しい関係者のみが参列し、一般的には親しい家族や友人が対象となります。

家族葬を選ぶ理由の一つは、葬儀を小規模かつプライベートに保ちたいという希望があることです。大勢の親戚や知人を呼ぶと、葬儀が賑やかである一方で、感情が高ぶることも考えられます。家族葬は、静かで落ち着いた雰囲気の中で、身内だけが亡くなった方と向き合うことができるため、その意味合いも大きいです。

ただし、家族の事情や故人の希望、宗教的な信条などにより、親戚以外の知人や友人を招待する場合もあります。具体的な形式は葬儀を執り行う家族の意向により異なりますので、予め家族で話し合い、希望に合わせた形態を選ぶことが一般的です。

家族葬のメリット

昨今、増加傾向にある家族葬には、数多くのメリットが存在します。

以下では、家族葬のメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 費用の抑えられる

家族葬を選ぶ最大のメリットは、費用を抑えることができる点です。一般葬に比べて会場や装飾、料理などの費用が少なくなります。大勢の参列者が必要ないため、香典や弔花の費用も減らすことができます。そのため、予算に余裕がない場合や無駄を省きたい方にとっては理想的な選択肢と言えるでしょう。

2) アットホームな雰囲気

家族葬は、近親者や親しい友人だけで行われるため、アットホームな雰囲気が演出されます。多くの人々に囲まれずに、故人を偲ぶことができるため、自然体で感情を表現しやすくなります。よりプライベートな空間でお別れをすることができるので、心地よい雰囲気の中で思い出を振り返ることができます。

3) 故人の意思を尊重できる

家族葬では、故人やご遺族の意向を重視することができます。形式や儀式に縛られず、自由な発想で葬儀を行うことができます。故人が好きだった曲を流したり、思い出の品を展示したりすることも可能です。家族葬は、故人や家族の個性を尊重し、思い出深い葬儀を実現するための最適な選択肢と言えるでしょう。

4) 参列者が限られるためスムーズに進行する

家族葬は、参列者が限られているため、通夜や告別式の進行がスムーズに行われます。長時間の待ち時間や大勢の人々の移動などのストレスを軽減することができます。近親者同士でゆっくりと故人と向き合うことができるため、より心穏やかな雰囲気でお別れをすることができます。

5) 弔問に対応しなくても良い

家族葬は親しい人だけで行われるため、弔問客相手に対応する必要がありません。特に亡くなった方の知り合いや友人関係が広い場合、弔問に対応することは大変な労力となります。家族葬では、そのような心配をせずに故人と向き合うことができます。

家族葬のデメリット

家族葬には多くのメリットがある一方で、実はいくつかのデメリットもあります。

以下にて家族葬のデメリットを5つご紹介します。

1) 社会的な義務感

家族葬は故人と親しい人だけが参列する形式ですが、そのために他の親戚や知人からの予想外の反応や批判を受ける可能性があります。伝統的な葬儀では多くの人々を招待することが一般的であるため、家族葬の選択は一部の人々にとっては驚きや疑問を引き起こすかもしれません。

2) 追悼イベントの負担

家族葬では故人と別れるだけでなく、その後の追悼イベントの計画も行わなければなりません。故人の交友関係や親しい友人に対して別途お別れ会を開く必要もあります。これによって、参列者への連絡や場所・日時の調整など、追加の負担や準備が必要になることがデメリットと言えます。

3) 緊急事態時の制約

家族葬は限られた範囲内で行われるため、災害やパンデミックなどの緊急事態時には制約が発生する可能性があります。例えば、緊急事態宣言が出されている場合は、会場の制限や移動制限などで予定通りの家族葬を行うことが難しくなるかもしれません。

4) 故人の交友関係への配慮

故人が広い人脈を持っていた場合、家族葬ではその全員を招待することはできません。このため、故人の友人や知人にとっては参列できないことが残念に感じられるかもしれません。家族葬を選択する場合は、故人の交友関係や意向を考慮し、周囲への説明や理解を求める必要があります。

5) サポート体制の限定

一般的な葬儀では多くのスタッフやサービス業者が関与しますが、家族葬では規模が縮小されるため支援体制も限定されます。例えば、お花や食事、音楽演奏などの面でも準備や手配により多くの労力や時間を費やす必要があるかもしれません。

家族葬のメリット・デメリットまとめ

本記事では、家族葬のメリット・デメリットについてまとめました。

家族葬のメリットとしては、親しい家族や友人だけが参列することで、よりアットホームな雰囲気を作ることができます。参列者が少ないため、個々の感情や思い出をより深く分かち合うことができるでしょう。また、費用面でも一般葬に比べて負担が軽減されることがあります。

一方、家族葬にはいくつかのデメリットも存在します。参列者が限られているため、故人の人生や功績を広く知らせる機会が少なくなることがあります。また、遠方からの参列者にとっては、交通や宿泊などの負担がかかる場合もあります。

家族葬を選ぶ際には、これらのメリットとデメリットを慎重に考慮することが重要です。故人との関係や家族の事情、参列者の状況など、個々の状況に合わせて最適な選択をする必要があります。また、葬儀会社との相談やアドバイスも適切な判断をするためには欠かせません。

家族葬は、故人との最後の別れを家族や親しい人々と共有する特別な時間です。家族葬を通じて、故人への感謝や思い出をしっかりと伝え、心を込めたお別れをすることができるでしょう。

あわせて読みたい


今さら聞けない!ハワイ旅行のメリット・デメリット【皆の本音】前のページ

お墓はいらない?お墓を持つメリット・デメリット【一般墓の知識】次のページ

関連記事

  1. 終活

    樹木葬とは?樹木葬のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    樹木葬に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  2. 終活

    けっこう大変?自宅葬のメリット・デメリット【費用相場は?】

    自宅葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  3. 終活

    納骨堂とは?納骨堂のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    納骨堂に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  4. 終活

    何から始める?生前整理のメリット・デメリット【いつから】

    生前整理に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  5. 終活

    知っておきたい!一日葬のメリット・デメリット【タイムスケジュール】

    一日葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  6. 終活

    今さら聞けない!一般葬のメリット・デメリット【お葬式の常識】

    一般葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

よく読まれている記事

PAGE TOP