終活

何から始める?生前整理のメリット・デメリット【いつから】

生前整理に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから生前整理をしようとする人にも、生前整理はいつから始めたらいいか分からない人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

生前整理とは?

生前整理とは、生きている間に自身の資産や持ち物を整理し、見直すことです。

遺された家族に負担をかけずに、大切な財産や思い出の品を引き継ぐことができます。

また、生前整理をすることで、自分自身の生活もスッキリと整理され、心の安定や生きる意味を見つけることもできるでしょう。

生前整理はいつから始めればよい?

生前整理は、個人の希望や状況によりますが、できるだけ早めに始めることがおすすめです
特に以下のような時期や状況で始めることが効果的です。

健康な状態で始める:

健康な状態で生前整理を始めることで、物事に集中しやすくなります。急な病気や高齢になってから始めるよりも、余裕を持って進めることができます。

人生の変化がある前に:

仕事や住居、家族構成など人生に変化が予想される前に生前整理を行うことで、変化に備えられます。引っ越しや定年退職などの転機が近づいているときが良いタイミングです。

周囲の人と相談しながら:

家族や身近な人と相談しながら生前整理を進めることで、関係が円滑に進む可能性があります。意思疎通をしっかりと図りながら進めると良いでしょう。

財産や遺言の整理を含めて:

生前整理には物の整理だけでなく、財産や遺言など法的な面も含まれます。これらを整理する際には、時間的な余裕をもって取り組むと良いです。

ストレスを軽減するために:

急な事態や予期せぬ状況での整理はストレスを伴います。余裕を持って計画的に進めることで、精神的な負担を軽減できます。

生前整理は個人の価値観や状況によって異なるため、自分や家族が心地よく進められるタイミングで始めることが重要です。

生前整理のメリット

生前整理をすることは、いくつかのメリットが存在します。

以下では、生前整理のメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) もしもの時に備えて準備する

生前整理は、自分の身の周りを整理しておくことです。もしもの時に突然体調が悪化したり亡くなったりした場合、家族や身近な人々が後片付けや手続きに追われることを防ぐことができます。事前に準備しておけば、家族の負担を減らすことができます。

2) 家族間の争いを避けるため

相続関係や財産の整理は、しばしば家族間で争いやトラブルの原因となります。しかし、生前整理を行うことで、自分自身が明確に希望や意思を示すことができます。遺言書や相続手続きなど事前に整理しておくことで、家族間の争いを避けることができます。

3) 認知症予防につながる

生前整理は物質的な整理だけでなく、情報や思考の整理も含みます。物や情報を整理するうちに、脳が働かせられるため、認知機能の向上や認知症予防につながると言われています。生前整理は自分自身の健康と結びついている大切な行動です。

4) 充実した余生を送ることができる

生前整理をすることで、物や情報の整頓と同時に心の整理も行うことができます。過去のトラウマや後悔、未解決の問題などを整理し、気持ちのゆとりを得ることができます。その結果、充実した余生を送ることができるようになります。

5) 正しいやり方とポイントに注意すること

生前整理は急ぎで行うべきものではありません。計画的かつ段階的に進める必要があります。まずは物の整理から始め、不要品の処分や譲渡を行います。また、資産や情報の整理も重要です。さらに、心の整理も忘れずに行いましょう。

生前整理のデメリット

生前整理にはメリットがある一方で、実はいくつかのデメリットもあります。

以下にて生前整理をするデメリットを5つご紹介します。

1) 時間のかかり過ぎ

生前整理は、全ての資産や所有物を見直す作業です。しかし、予想以上に時間がかかることがあります。家や物品を整理するだけでなく、法的手続きや手続き書類の整理も必要です。これらの作業は手間暇がかかり、忙しい方にとっては負担になる場合があります。

2) 心理的な負担

生前整理は、何十年もの人生の軌跡を振り返る作業でもあります。過去の思い出や感情的なつながりがある物品を整理することは、心理的な負担を引き起こすこともあります。特に故人や家族に対する感情的な結び付きが強い場合、別れを意味する生前整理は一層難しく感じられることでしょう。

3) 誰も手伝ってくれない

生前整理は個人的な作業であり、他人に依存しづらい側面があります。家族や友人たちから助けてもらえる場合もありますが、忙しかったり興味を持ってくれなかったりすることもあります。一人で抱え込む場合、負担が増えるだけでなく、判断力や決断力も必要です。

4) 意思確認が難しい

生前整理は自身の意思を反映させるために行うものですが、具体的な取り組み方やどんな物品を残すかについての意思確認が難しいことがあります。家族や相続人との意思疎通やコミュニケーションが十分でない場合、整理が思うように進まず、結果的に問題を引き起こすことも考えられます。

5) 費用の面

生前整理には、遺言書作成や法的手続き、不要品の処分などにかかる費用が伴います。また、プロの生前整理業者を利用する場合もありますが、それには一定の費用が必要です。これらの費用は無視できないものであり、予算を考慮する必要があります。

生前整理のメリット・デメリットまとめ

本記事では、生前整理のメリット・デメリットについてまとめました。

生前整理は、遺族の負担を軽くすることや大切な財産を引き継ぐこと、自分自身がすっきりすること、相続トラブルを事前に防ぐことなど、多くのメリットがあります

一方で、生前整理には時間と労力がかかることや費用がかかることがデメリットとして挙げられます。また、体力がない場合には厳しい作業となるため、手伝いを頼むことも考慮しなければなりません。

生前整理を始めるべき時期としては、今すぐ始めることがおすすめです。また、子供が家を出たり、定年退職後なども適切なタイミングです。

生前整理を進める際のポイントとしては、一気にやろうとせずに段階的に進めること、前向きな気持ちで取り組むこと、そして家族と一緒に進めることが重要です。

生前整理をする際には、身の回りの物の整理やデジタル機器の情報の整理を行うことが一つの手段です。不要な品物は売却することもできます。

生前整理は、将来のトラブルを防ぎ、自分や遺族の負担を軽くするために重要な手続きです。ぜひ、今すぐ始めてみてください。生前整理専門の企業に相談することもおすすめです。

参考:小さなお葬式

あわせて読みたい


出世の近道?社会人がゴルフをするメリット・デメリット【会社員の本音】前のページ

知らないと損?外貨預金のメリット・デメリット【みんなの声】次のページ

関連記事

  1. 終活

    知っておきたい!一日葬のメリット・デメリット【タイムスケジュール】

    一日葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  2. 終活

    樹木葬とは?樹木葬のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    樹木葬に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  3. 終活

    けっこう大変?自宅葬のメリット・デメリット【費用相場は?】

    自宅葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  4. 終活

    納骨堂とは?納骨堂のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    納骨堂に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  5. 終活

    永代供養とは?永代供養のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    永代供養に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  6. 終活

    親戚は呼ばない?家族葬のメリット・デメリット【みんなの本音】

    家族葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

よく読まれている記事

PAGE TOP