終活

納骨堂とは?納骨堂のメリット・デメリット【相場費用いくら】

納骨堂に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから納骨堂を検討する人にも、納骨堂の費用相場を知ってから検討しようとしている人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

納骨堂とは?

納骨堂は、遺骨を納めるための建物や施設であり、一般的には神社や寺院に併設されています。通常、個別の小さな区画(納骨室)が設けられ、そこに故人の遺骨を納めることができます。

主な特徴は以下の通りです:

個別の納骨室:

納骨堂内には個別の納骨室が設けられており、各家族がそれぞれのエリアに故人の遺骨を安置することができます。室内には遺骨を納めるための仏壇や位牌が配置されます。

永続的な供養:

納骨堂は通常、永代にわたって供養が続けられるため、家族が代々同じ場所で故人を偲ぶことができます。神社や寺院の管理のもとで、定期的な法要や供花が行われることがあります。

宗教的な意味合い:

納骨堂は宗教的な場としても位置づけられ、特定の宗教儀式や行事が行われることがあります。それにより、故人への供養が宗教的な枠組みで行われます。

スペースの有効活用:

墓地が限られている地域や、都市部などのスペースが制約されている場所で、効率的に遺骨を安置するための手段として利用されます。

納骨堂は一般的に墓地よりもコンパクトで、手入れが比較的容易なため、都市部や狭いスペースでの需要が高まっています。故人を供養し続けるための永続的な場として、多くの人に利用されています。

納骨堂の年間費用はいくら?

一般的な目安としては、1人用は50万円程度、家族用は100万円程度です。

その他、年間管理費が1万円前後かかることもあります。

費用には、永代供養料や永代使用料、開眼法要料、納骨費用などが含まれる他、戒名や位牌などが込みの場合もあります

納骨堂のメリット

納骨堂には、いくつかのメリットが存在します。

以下では、納骨堂のメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 供養と管理が一貫して任せられる

納骨堂は、一般のお墓と異なり、定期的な清掃や維持管理の必要がありません。遺骨の管理や日々の供養については、施設側にお任せすることができます。特に、お墓と居住地が離れている場合や時間的制約がある場合には、大変便利です。

2) 天候に左右されず利用できる

霊園や墓地では、天候によって供養が制限されることがあります。しかし、納骨堂では、屋内で行われるため天候に左右されず利用することができます。雨や風の心配をすることなく、いつでも気軽に訪れることができるでしょう。

3) 費用が安く済む

一般的なお墓を建立するためには多額の費用がかかりますが、納骨堂の場合は比較的費用を抑えることができます。専用のスペースを借りるだけで済みますので、負担も軽くなります。経済的な面からも、納骨堂は魅力的な選択肢と言えるでしょう。

4) 近くに施設があるため利便性が高い

一般のお墓を利用する場合、遠くの霊園や墓地まで足を運ばなければなりません。しかし、納骨堂は都市部や住宅地に多く存在しています。近くに施設があるため、通いやすく利便性が高いという特徴があります。

5) 家族や友人と共同利用できる

納骨堂では、一つのスペースを複数の人が共同利用することができます。このため、家族や友人と共に遺骨を納めることも可能です。大切な人と一緒に過ごした思い出を共有しながら供養することができます。

納骨堂のデメリット

納骨堂にはメリットがある一方で、実はいくつかのデメリットもあります。

以下にて納骨堂をするデメリットを5つご紹介します。

1) 周囲との認識の違い

納骨堂は、元々は一時的に遺骨を預かる場所でした。そのため、永代供養ができるようになった現在でも、「一時預かり」というイメージが強く残っています。このことから、他の親族との間で「供養のかたち」に関する認識の違いが生じることがあります。

2) 細かな管理や手入れが必要

納骨堂は多くのお墓や永代供養墓が集まる場所であるため、常にきれいに保つための管理や手入れが必要です。草むしりや掃除など、定期的な作業を行う必要があります。これにより、維持費や手間がかかることもデメリットとして挙げられます。

3) スペースの制限

納骨堂は通常、一定のスペース内に多数の位牌や遺骨を収めることを目的としています。そのため、個々のスペースが限られており、広々とした空間を確保することは難しいです。また、既に埋葬されている場合は、連絡を取って納骨する必要があります。

4) 場所による付帯費用

納骨堂の建設や管理にはさまざまな費用がかかります。また、一部の施設では駐車料金や利用時間外の追加料金なども発生する場合があります。そのため、購入や選択の際には付帯費用や維持費用にも注意が必要です。

5) 盗難リスクと防犯対策

納骨堂では多くの遺骨や位牌が保管されるため、盗難リスクが存在します。これを防ぐためには適切な防犯対策が不可欠です。ただし、納骨堂によっては十分なセキュリティ対策を講じている場合もありますので、施設選びの際には安全性も重要視しましょう。

納骨堂をするメリット・デメリットまとめ


引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000115.000033366.html

本記事では、納骨堂のメリット・デメリットについてまとめました。

納骨堂は、お墓の管理が難しい方や簡素な埋葬に抵抗がある方にとって、便利な選択肢となっています。メリットとしては、プライバシーに配慮した供養ができることや、管理をお任せできることが挙げられます。さらに、個別のスペースが確保されているため、位牌や遺影を飾って供養することも可能です。

一方、デメリットとしては、納骨堂には契約期間や費用が発生することがあります。また、一部の納骨堂では混葬が行われることもありますので、その点に注意が必要です。また、納骨堂の種類やアクセスなど、慎重に選ぶ必要があります。

納骨堂を選ぶ際には、自身の思想や予算、ライフスタイルに合った選択をすることが重要です。また、現地見学を行い、納骨堂の種類、契約期間、納骨数、費用、アクセスなどを確認することもおすすめです。失敗しない選び方を心掛けましょう。

納骨堂の利用によって、亡くなった方への供養をきちんと行い、自身も心穏やかに過ごすことができるでしょう。

あわせて読みたい


永代供養とは?永代供養のメリット・デメリット【相場費用いくら】前のページ

意外と知らない!一人旅のメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. 終活

    けっこう大変?自宅葬のメリット・デメリット【費用相場は?】

    自宅葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  2. 終活

    お墓はいらない?お墓を持つメリット・デメリット【一般墓の知識】

    お墓を持つメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  3. 終活

    知っておきたい!一日葬のメリット・デメリット【タイムスケジュール】

    一日葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

  4. 終活

    樹木葬とは?樹木葬のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    樹木葬に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  5. 終活

    永代供養とは?永代供養のメリット・デメリット【相場費用いくら】

    永代供養に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  6. 終活

    今さら聞けない!一般葬のメリット・デメリット【お葬式の常識】

    一般葬のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

よく読まれている記事

PAGE TOP