金融

使いすぎ解決!電子マネーのメリット・デメリット【消費者の声】

電子マネーに関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これから電子マネーで口座開設しようとする方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

電子マネーとは?

電子マネーとは、物理的なお金を使用せずに電子的な形態での取引が可能な決済手段です。

通常、プリペイド式のカードやスマートフォンアプリといった形で提供され、事前にある金額をチャージしておくことで利用できます。

電子マネーは主に小額取引や便利な決済手段として利用され、公共交通機関や自動販売機、コンビニ、オンラインショッピングなどで広く受け入れられています。これにより、取引が迅速かつスムーズに行え、現金を持ち歩く必要がないため便利です。

一部の電子マネーは非接触通信技術を利用し、カードやスマートフォンを端末にかざすだけで取引が完了するため、手軽で時間を節約できます。また、セキュリティ対策も進化しており、紛失や盗難に対するリスクも低減されています。

一方で、各電子マネーサービスごとに利用できる場所や手数料、ポイントサービスなど異なる特典があるため、利用者は自身のニーズに合ったサービスを選ぶことが重要です。

電子マネーのメリット

電子マネーを利用することで、さまざまなメリットが得られます。

そこで、今回は電子マネーに関するメリットについて特徴的な5選を紹介します。

1) スピーディな決済が可能

電子マネーは、カードやスマートフォンを専用の端末にかざすだけで支払いが完了します。紙幣や小銭の用意やお釣りの受け取りをする必要がないため、支払いが非常にスピーディに行えます。特に混雑した場所や忙しい時には便利です。

2) ポイントが貯まる

電子マネーを使って決済すると、購入金額に応じてポイントが貯まります。これはクレジットカードと同様の仕組みですが、電子マネーでも利用者に対してお得な特典を提供しています。ポイントを貯めることで、次回の支払い時に割引や特典を受けられる場合もあります。

3) 紛失しても安心

現金を失くしてしまうと二度と戻ってこない上に、気づかないうちに盗まれたりすることもあります。しかし、電子マネーは紛失・盗難保証制度がある場合が多く、残高の補償を受けることができます。もちろん、速やかに紛失や盗難を届け出る必要がありますが、安心して利用することができます。

4) 優れた利便性

電子マネーは、多くの店舗や施設で利用することができます。コンビニエンスストアからレストラン、公共交通機関まで、幅広い場所で使用可能です。また、近年ではQRコード決済やスマートフォンへの対応も進んでおり、ますます利便性が高まっています。

5) 消費明細の確認・管理が容易

電子マネーを使用すると、決済履歴や残高を簡単に確認することができます。専用のアプリやウェブサイトからログインし、いつどこで何に使ったかを確認することが可能です。このような消費明細の管理は、予算管理や節約意識を高めるうえでも役立ちます。

電子マネーのデメリット

電子マネーを利用することは、多くのメリットがありますが、実はデメリットも存在します。

以下では、電子マネーに関するデメリットについてご紹介します。

1) 入金したら原則キャンセルできない

電子マネーをチャージした後は、基本的には返金ができません。誤って大きな金額を入金してしまった場合や、不要な支払いを行ってしまった場合など、キャンセルができないというデメリットがあります。慎重に入金する必要があります。

2) クレジットカードと比べ加盟店を見つけにくい

電子マネーはクレジットカードと比較して、利用できる加盟店が限られていることがあります。特に地方や一部の小規模店舗では、電子マネーの利用ができない場合もあります。利用先を事前に確認する必要があります。

3) 災害時やシステム障害時に使えない

電子マネーシステムはインターネットや通信回線に依存しています。そのため、災害時やシステム障害が発生した際には利用できなくなる可能性があります。この点では現金の方が安定して使用することができると言えます。

4) 「なんとなく怖い」と使わない人もいる

個人情報の保護や不正利用のリスクなど、電子マネーに対して不安を感じる人もいます。特に高齢者やセキュリティに敏感な人々は、現金を使う方が安心と考えることがあるでしょう。

5) 後払い型の電子マネーは使いすぎてしまう

後払い型の電子マネーサービスでは、支払いが即時に行われず、後日一括請求となる場合があります。これにより、ついつい買い物を重ねてしまって予算オーバーしてしまうというデメリットもあります。節度を持って利用する必要があります。

電子マネーのメリット・デメリットまとめ

本記事では、電子マネーに関するメリット・デメリットについてまとめました。

電子マネーは現金に比べてスピーディな決済が可能であり、決済額に応じたポイントが貯まるというメリットがあります
また、紛失しても残額が補償されるという安心感もあります。

一方で、電子マネーのデメリットとしては、利用できる場所や端末の制約があることが挙げられます。全ての店舗や施設で利用できるわけではなく、一部の加盟店や特定の端末でのみ使用可能な場合があります。また、ネットワーク障害やシステムの不具合により、利用ができない場合もあります。

電子マネーは利便性やポイントサービスなどのメリットを享受する一方で、利用制約やセキュリティの注意が必要です。

自身のライフスタイルや利用状況に合わせて、適切な電子マネーの利用方法を選択しましょう。

参考サイト:経済産業省HP

一番ポイントが貯まる電子マネーならこれ

Edy-楽天ポイントカード

楽天で購入

 

 

電子マネーを利用している人が次にやっていること【PR】




電子マネーを利用している人が次にやっていることは、FX取引です。
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれているのが「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

年収600万円以上の方限定!選ばれているサービス【PR】

電子マネー始めるなら学んでおきたい、投資・資産運用の基礎。でも自分で勉強するのは難しいし時間がない

そういう方に向けておすすめなのが、【マネきゃん/Money Camp】です。

マネきゃんは、資産運用をこれから始めたい会社員・公務員にむけた無料のオンラインセミナーを開催しています。

ただし、年収600万円以上、年齢は26歳以上~45歳以下の方限定です!

==セミナーで学べる事=============
年金対策に最適な資産形成術とは
少額で出来る不労所得の作り方
会社員・公務員でもできる節税方法
NISA・iDeCoの効率的な活用法
投資信託の選び方
=======================

満足度95%の人気講師が60分で、初心者にもわかりやすく説明してくれます。

スマホで参加OK!様々な時間帯から好きな日時のセミナーに参加可能

NISAやiDeCoの運用方法やしっかり増やすための商品選定が自分でできるようになります。

会社員・公務員が実践できる節税方法を学ぶことができます。


あわせて読みたい

楽天カードで公共料金を支払うメリット・デメリット【節約術】前のページ

半生セミモイストフードのメリット・デメリット【ペットの本音】次のページ

関連記事

  1. 金融

    やめた方がいい?ペアローンのメリット・デメリット【住宅ローン】

    ペアローンを組むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  2. 金融

    楽天カードで公共料金を支払うメリット・デメリット【節約術】

    楽天カードで公共料金を支払うメリット・デメリットを膨大な口コミデータか…

  3. 金融

    知らないと損?楽天証券のメリット・デメリット【ポイント】

    楽天証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  4. 金融

    知らないと損?ネット証券のメリット・デメリット【手数料/口座】

    ネット証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  5. 金融

    知らないと損?SBI証券のメリット・デメリット【積立NISA】

    SBI証券に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  6. 金融

    知らないと損?楽天銀行のメリット・デメリット【手数料】

    楽天銀行に関するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

よく読まれている記事

PAGE TOP