飲料

体に悪い?コーヒーを飲むメリット・デメリット【カフェイン効果】

コーヒーを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

珈琲が好きな人にも嫌いな人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

最初に、カフェインの効果について

カフェインは中枢神経系に働きかけ、覚醒や注意力の向上をもたらす刺激物質です。

主にコーヒーや紅茶、エナジードリンクなどに含まれています。摂取後、カフェインは脳内のアデノシン受容体をブロックし、アデノシンの働きを抑制します。アデノシンは睡眠を促進する神経伝達物質であり、その抑制によって覚醒感や注意力が増します。

カフェインの効果には覚醒と興奮だけでなく、認知機能の向上や疲労感の軽減も含まれます。
これにより、集中力や反応速度が向上し、作業のパフォーマンスが一時的に向上することが期待されます。

さらに、脂肪の分解を促進し、エネルギーの利用を助ける働きもあり、運動のパフォーマンス向上にも寄与します。

コーヒーを飲むメリット

コーヒーは世界中で広く愛される飲み物で、実は健康面にもいくつかのメリットがあります。

以下では、コーヒーを飲むメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 脂肪燃焼

コーヒーに含まれるカフェインは脂肪代謝を促進し、エネルギー消費を助けます。適量のコーヒー摂取がダイエットや体重管理に役立つと言われています。

2) 二日酔い

アルコールを摂取した後にコーヒーを飲むと、二日酔いの症状を和らげる効果があります。コーヒーは利尿作用もあるため、体内の毒素を排出し、二日酔いの回復を促す可能性があります。

3) リラックス

コーヒーに含まれるカフェインは中枢神経系に働きかけ、アデノシン受容体をブロックすることでリラックス効果をもたらします。ストレスや緊張感を和らげ、気分をリフレッシュさせることができます。

4) 覚醒作用

朝の目覚めや仕事の集中力を高める効果も期待できます。コーヒーに含まれるカフェインは中枢神経系を刺激し、眠気を抑えて集中力を向上させる効果があります。

5) 抗酸化作用

コーヒーには多くの抗酸化物質が含まれています。これらの成分は体内の活性酸素を除去し、細胞の老化や疾患リスクを低減する役割があります。

コーヒーを飲むデメリット

コーヒーを飲むことは様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にてコーヒーを飲むデメリットを5つご紹介します。

1) 利尿作用

コーヒーに含まれるカフェインは利尿作用があり、体内の水分を排出しやすくします。これにより、脱水症状や尿路感染症のリスクが高まる可能性があります。十分な水分補給を心掛けましょう。

2) 鉄分不足

コーヒーに含まれる成分の一つであるタンニンは、鉄分の吸収を妨げる効果があります。大量にコーヒーを摂取すると、鉄分不足になって貧血の原因となることがあります。鉄分豊富な食品と併せて摂取することが大切です。

3) 口臭の原因

コーヒーは香り高い飲み物ですが、その香り成分は口臭の原因となります。カフェイン自体も唾液の減少を引き起こすため、口内環境を悪化させる可能性があります。コーヒー後にはしっかりと歯磨きや口臭対策を行いましょう。

4) 胃液の分泌

コーヒーを摂取することで胃液の分泌が促されます。これにより、本来必要な量以上の胃酸が分泌される可能性があり、胃の粘膜を傷つける恐れがあります。特に胃酸過多や胃潰瘍などの消化器症状を抱えている人は注意が必要です。

5) 睡眠への影響

コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用があり、集中力やエネルギーを高める効果があります。しかし摂取量やタイミングによっては睡眠の質に悪影響を与えることもあります。夜遅くの摂取は特に注意が必要です。

コーヒーを飲むメリット・デメリットまとめ

本記事では、コーヒーを飲むメリット・デメリットについてまとめました。

コーヒーを飲むことにはメリットとデメリットがありますが、適量であれば健康に良い影響を与えることができます

自身の体質や状況に合わせて、コーヒーの摂取量やタイミングを調整しましょう。

また、デメリットを避けるためには、適度な水分摂取やバランスの取れた食事、十分な睡眠などの生活習慣も重要です。

コーヒーは美味しさだけでなく、健康や生活にも影響を与える飲み物ですので、適切な判断を行い、バランスの取れた生活を送ることが大切です。

参考:厚生労働省HP『食品に含まれるカフェインの過剰摂取についてQ&A ~カフェインの過剰摂取に注意しましょう~

自宅で手軽にコーヒーを飲むためのサービス【PR】


水道直結型のウォーターサーバー「キララウォーター」。

月々4,378円〜(税込)の定額制で、好きな時に好きなだけおいしいお水が利用できるから、自宅で手軽にコーヒーを飲むことができます

水道直結型でボトルレスなため、ウォーターサーバーによくある「ボトルの交換が重い」「ストックボトルの置き場所に困る」といったお悩みも解消できます。

コストパフォーマンス満足度No.1※を獲得している人気ウォーターサーバーなので、気になる方はチェックしてみてください。
※日本マーケティングリサーチ機構調べ

コーヒーとあわせて摂りたい健康的な体づくりをサポートするサービス【PR】


若々しく健康に生きるための人生に欠かせない成分といわれる、次世代成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMNは、本来は体内で生成される物質ですが、加齢に伴い減少していく※傾向に。
近年ではハーバード大を始め、多くの健康維持関連の研究に取り上げられ、若々しさの鍵を握るとされるサーチュイン遺伝子とNMNには密接な関係があることがわかりました。
「健康」や「若々しさ」をサポートすることが期待できると世界中で注目を浴びています
※参考:日経バイオテク「最近よく聞くNMN、若返りに効くって本当?」

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1が「GAAH INNER BEAUTY」です。

NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得し、専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

GAAH INNER BEAUTYは、NMN純度99.9%以上※と業界屈指の高純度を実現。
※検査機関:日本食品検査 首都圏事務所2021年1月15日

最先端の技術が業界最大のコスパで手に入ります。
若々しく健やかな体で、人生100年時代を輝かしく過ごしましょう!

あわせて読みたい


今さら聞けない!お花見のメリット・デメリット【みんなの本音】前のページ

体に悪い?野菜ジュースを飲むメリット・デメリット【効果まとめ】次のページ

関連記事

  1. 飲料

    意外と知らない?無脂肪牛乳のメリット・デメリット【効果まとめ】

    無脂肪牛乳を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  2. 飲料

    便秘に効く?ルイボスティーのメリット・デメリット【効果まとめ】

    ルイボスティーを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し…

  3. 飲料

    体に悪い?野菜ジュースを飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

    野菜ジュースを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、…

  4. 飲料

    体に悪い?むぎ茶を飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

    むぎ茶を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  5. 飲料

    飲みすぎ注意?紅茶を飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

    紅茶を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  6. 飲料

    歯に悪い?コーラを飲むメリット・デメリット【特保コーラも】

    コーラを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

よく読まれている記事

PAGE TOP