飲料

体に悪い?野菜ジュースを飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

野菜ジュースを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

野菜ジュースが好きな人にも嫌いな人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

はじめに、野菜を食べるメリットについて

野菜は、ビタミンやミネラル・食物繊維を多く含んでいます。多くの研究で、野菜を多く食べる人は脳卒中や心臓病、ある種のがんにかかる確率が低いという結果が出ています。

野菜に含まれるビタミンは、ごはんなどに含まれる炭水化物が体内でエネルギーに変わる手助けをしてくれます。摂取した栄養素が体内で利用されるためには、ビタミン類(特にB群)を不足なくとることが必要になります。ミネラルは、身体機能の維持・調整に不可欠で、特に野菜に多く含まれるカリウムは、余分なナトリウム(食塩)を体外に排泄するのを手助けしてくれ、高血圧の予防にもなります。

引用サイト:厚生労働省HP

野菜ジュースを飲むメリット

野菜ジュースは健康や美容に良い効果がありますので、積極的に取り入れてみることをおすすめします。

以下では、野菜ジュースを飲むメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 血糖値の上昇を抑制

野菜ジュースを飲むことで、食事の前に血糖値の上昇を抑えることができます。特に空腹時に食事をすると血糖値が急上昇しやすく、脂肪が蓄積されやすくなります。しかし、野菜ジュースを飲んでおくことで血糖値の上昇を抑える効果があります。これにより、太りにくい食事スタイルを実践することができます。

2)便秘の解消

野菜ジュースに含まれる食物繊維は、便秘の解消に効果的です。ただし、野菜ジュースは生の野菜に比べて不溶性食物繊維が少なく、水溶性植物繊維が主な成分です。それでも野菜ジュースには十分な量の食物繊維が含まれており、お通じを改善する助けをしてくれます。

3)空腹感の抑制

野菜ジュースは水分や栄養素が豊富であり、飲むことで空腹感を抑えることができます。野菜ジュースは消化に時間がかかり、満腹感を与えるため、食事の前に飲むことで過食を防ぐ効果があります。また、野菜ジュースに含まれる食物繊維も満腹感を引き起こす役割を果たします。

4)美肌効果

野菜ジュースにはビタミンや抗酸化物質が豊富に含まれており、美肌効果が期待できます。特にビタミンCはコラーゲン合成を促進し、肌の弾力性を高める効果があります。その他の栄養素も肌の健康維持に役立ちます。定期的に野菜ジュースを摂取することで、美しい肌を保つことができます。

5)栄養バランスの補完

野菜ジュースは多種多様な野菜から作られており、様々な栄養素を一度に摂取することができます。例えば、ビタミンやミネラル、抗酸化物質などが含まれています。忙しい日常生活で栄養バランスを保つのが難しい場合には、野菜ジュースを取り入れることで必要な栄養素を補完することができます。

野菜ジュースを飲むデメリット

野菜ジュースを飲むことは様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて野菜ジュースを飲むデメリットを5つご紹介します。

1) 栄養素の損失

製造過程で栄養素が一部失われることがあります。特に加熱や長時間の保存によりビタミンや酵素が壊れやすくなります。そのため、生の野菜を摂取することで失われる栄養素を補う必要があります。

2) 血糖値の上昇

野菜ジュースには果糖やブドウ糖が含まれていることがあります。これらの糖分は血糖値を上昇させる可能性があるため、糖尿病や血糖値管理をしている方は摂取量に気を付ける必要があります。

3) 飲み過ぎによるカロリー摂取過多

野菜ジュースは低カロリーであると言われていますが、果物を加えたり甘味料を使用したりする場合はカロリーが増えてしまいます。飲み過ぎると逆にカロリー摂取過多になり、体重管理やダイエットに悪影響を及ぼす可能性があります。

4) 摂取量による消化不良や腸の負担

野菜ジュースを大量に摂取すると、食物繊維の摂取量が増えます。食物繊維は便通を促進する働きがありますが、摂り過ぎると消化不良や腸の負担を引き起こす可能性があります。適度な量を守るよう心掛けましょう。

5) アレルギー反応のリスク

野菜ジュースには様々な野菜の成分が含まれています。そのため、特定の野菜にアレルギー反応がある場合は注意が必要です。アレルギー症状が出た場合は医師に相談しましょう。

野菜ジュースを飲むメリット・デメリットまとめ

本記事では、野菜ジュースを飲むメリット・デメリットについてまとめました。

まず、野菜ジュースを飲むことのメリットとしては、血糖値の上昇の抑制や便秘の解消、空腹感の抑制、美肌効果など様々な効果がありました。
また、野菜ジュースを飲むことで、手軽に多くの栄養素を摂取することができます。野菜が苦手な人でも飲みやすい点も魅力的です。

一方で、野菜ジュースを飲むことにはデメリットも。野菜ジュースには減少する栄養素や食物繊維が少ないという点が挙げられます。そのため、野菜ジュースだけで野菜の代わりになったり、野菜不足を解消することは難しいかもしれません。

野菜ジュースを効果的に飲むためには、食事からもしっかりと野菜を摂ることや、野菜100%タイプを選ぶこと、飲む量を適切に調整することが重要です。

最後に、野菜ジュースを選ぶ際には、成分表や表示されている情報をよく確認しましょう。自分の体に合った野菜ジュースを選ぶことが大切です。
そして何より野菜ジュースを取り入れながら、バランスの取れた食生活を送りましょう。

Q&A:野菜350g分を使用した野菜飲料を飲めば、野菜は摂らなくてもよいか?

野菜350gは、厚生労働省が推進する成人1日の野菜摂取目標量(健康日本21)です。野菜飲料は、不足しがちな野菜を補えるので、毎日の野菜摂取の補助として活用できます。
また、野菜をジュースに加工する過程で野菜の固い細胞壁が破壊されることで、生の野菜よりも栄養吸収率が高くなる栄養素があります。
一方で、ジュースに加工することで、ビタミンCと不溶性を中心とした食物繊維といった失われる成分がありますので、生野菜や温野菜もバランスよく召し上がっていただくことも大切です。
日本人の平均野菜摂取量は約290g(平成22年~令和元年国民健康・栄養調査(厚生労働省))で、約60gの野菜が不足しています。
毎日の野菜摂取の補助として、不足しがちな野菜を補える野菜飲料をご活用ください。

引用サイト:カゴメHP

野菜ジュースとあわせて摂りたい健康的な体づくりをサポートするサービス【PR】


若々しく健康に生きるための人生に欠かせない成分といわれる、次世代成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMNは、本来は体内で生成される物質ですが、加齢に伴い減少していく※傾向に。
近年ではハーバード大を始め、多くの健康維持関連の研究に取り上げられ、若々しさの鍵を握るとされるサーチュイン遺伝子とNMNには密接な関係があることがわかりました。
「健康」や「若々しさ」をサポートすることが期待できると世界中で注目を浴びています
※参考:日経バイオテク「最近よく聞くNMN、若返りに効くって本当?」

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1が「GAAH INNER BEAUTY」です。

NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得し、専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

GAAH INNER BEAUTYは、NMN純度99.9%以上※と業界屈指の高純度を実現。
※検査機関:日本食品検査 首都圏事務所2021年1月15日

最先端の技術が業界最大のコスパで手に入ります。
若々しく健やかな体で、人生100年時代を輝かしく過ごしましょう!

あわせて読みたい


体に悪い?コーヒーを飲むメリット・デメリット【カフェイン効果】前のページ

今さら聞けない!ウォーターサーバーのメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. 飲料

    意外と知らない!豆乳を飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

    豆乳を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  2. 飲料

    体に悪い?コーヒーを飲むメリット・デメリット【カフェイン効果】

    コーヒーを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  3. 飲料

    意外と知らない?無脂肪牛乳のメリット・デメリット【効果まとめ】

    無脂肪牛乳を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  4. 飲料

    体に悪い?むぎ茶を飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

    むぎ茶を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  5. 飲料

    飲みすぎ注意?紅茶を飲むメリット・デメリット【効果まとめ】

    紅茶を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりや…

  6. 飲料

    歯に悪い?コーラを飲むメリット・デメリット【特保コーラも】

    コーラを飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

よく読まれている記事

PAGE TOP