投資

おすすめしない?新興国株式のメリット・デメリット【NISA】

新興国株式のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

これからNISAを始めようとしている方や、投資信託でどの銘柄を購入しようか迷っている人にも、新興国株式について分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

新興国株式とは?

新興国株式は、経済が急速に成長している発展途上国の企業の株式を指します。これには、ブラジル、ロシア、インド、中国などが含まれます。

新興国株式の投資信託は、これらの国々で事業を展開する企業に分散投資するもので、高い成長率や潜在的なリターンが魅力です。

ただし、新興国には投資リスクも伴います。通貨の不安定性や政治的な不確実性などが挙げられます。NISA初心者が新興国株式の投資信託を選ぶ場合、リサーチとリスク管理が重要です。

新興国株式はおすすめしない?

新興国株式がおすすめしないという声を聞きます。

新興国株式にはどんな国々が含まれていて、それらの代表的な新興国とはどんな国なのかを市場を知ってから判断するのが適切です。

中国(中華人民共和国): 世界最大の人口を抱え、急速な経済発展が続く国。中国A株市場が注目を集めています。

インド: 人口が多く、多様な経済が存在する国。技術分野やサービス産業が成長しています。

ブラジル: 豊富な天然資源を持つ南アメリカ最大の国。農業や鉱業が重要な役割を果たしています。

ロシア: 広大な国土を有し、エネルギーや鉱物資源が豊富。エネルギー価格の変動に強く影響されることがあります。

南アフリカ: アフリカ大陸最南端に位置し、鉱業や金属生産が重要な産業です。

メキシコ: 北アメリカに位置し、自動車産業や製造業が発展しています。

以上が新興国株式に入っている主要な国です。
これらの国々は急速な経済成長が期待され、新興国株式市場に投資する際の主要な対象となっています。

新興国株式に投資するメリット

新興国株式に投資することは、投資信託の銘柄の中でも、とにかく成長の伸びしろがある株式だと言われています。

以下では、新興国株式に投資するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 成長性の高い市場

新興国株式は、経済成長が見込まれる国々の株式市場を指します。これらの国々は、人口増加や産業の発展などにより持続的な成長が予測されています。したがって、新興国株式への投資は将来的な収益性を追求する上で大きなチャンスとなります。

2) 割安な評価

新興国株式は先進国株式に比べて割安であることが多いです。これは、新興国のPER(株価収益率)が先進国よりも低くなっているためです。つまり、より低い価格で将来の成長を期待できる投資機会が存在します。

3) 分散投資の効果

新興国株式への投資は、既存の日本やアメリカなどの先進国株式と異なる値動きを示す傾向があります。このため、ポートフォリオに新興国株式を組み入れることにより、リスク分散効果を期待することができます。

4) 成長銘柄へのアクセス

新興国株式市場には成長が見込まれる銘柄が数多く存在します。これらの銘柄に投資することで、急成長を遂げる企業や業界の成果を享受することができます。新たな技術や産業の発展により、将来的なリターンを期待できる投資機会です。

5) 逆張り戦略の有効性

一般的に、新興国株式は先進国株式と比較してサイクル感度が高い傾向があります。したがって、先進国株式市場が低迷している時や景気後退時には、新興国株式市場が好調な場合もあります。このような逆張り戦略を取ることで、リスクを抑えつつ収益を上げるチャンスが生まれます。

新興国株式に投資するデメリット

新興国株式に投資することは様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下では、新興国株式に投資することのデメリットを5つご紹介します。

1) カントリーリスク

新興国株式に投資する最大のデメリットは、カントリーリスクです。新興国は政治的な不安定さや経済の浮き沈みが起こる可能性が高く、それによって株式市場にも大きな影響を与えることがあります。投資家はこのリスクを事前に十分に理解し、適切な対策を行う必要があります。

2) 為替リスク

新興国への投資では為替リスクも考慮しなければなりません。新興国通貨は安定した価値を持たず、為替相場の変動が株式投資に大きな影響を及ぼすことがあります。為替の値動きを正確に予測することは困難であり、このリスクに対する対策も重要です。

3) 情報の入手難易度

一部の新興国では情報の入手が難しい場合があります。企業や政府の情報公開制度が整っていなかったり、報道機関やアナリストの情報が限定的であったりすることがあります。これによって、十分な情報を得て投資判断を行うことが難しくなる可能性があります。

4) リーダーシップの不安定さ

新興国は政治や経済のリーダーシップの不安定さが起こることもあります。政策の変更や政府の交代など影響を及ぼす出来事が発生した場合、株式市場にも大きな波及効果が生じる可能性があります。これによって投資家は予期せぬリスクに直面することも考えられます。

5) 流動性リスク

新興国株式市場は先進諸国と比較して流動性が低い傾向にあります。取引量や市場参加者の数は限られており、売買時に価格変動が激しくなる恐れがあります。そのため、大口取引や急激な価格変動に対して注意深く投資する必要があります。

新興国株式に投資するメリット・デメリットまとめ

本記事では、新興国株式に関するメリット・デメリットについてまとめました。

新興国株式投資のメリットとしては、成長が期待される経済や産業に投資できる点が挙げられます。また、新興国株式には高いリターンが期待できる可能性もあります。さらに、投資地域の分散化によるリスク分散もメリットの一つです。

一方、新興国株式投資のデメリットとしては、米国株式に比べてリターンが少ない場合がある点が挙げられます。また、新興国株式の価格変動リスクが大きいため、値下がりする場合には大きな損失を被る可能性もあります。さらに、新興国の経済や政治の不安定要素もデメリットとして考えられます。

最後に、新興国株式投資は魅力的な投資先であり、成長が期待される経済や産業に投資できるチャンスがあります。
しかし、リスクもあることを忘れずに、自身の投資目標やリスク許容度に合わせて検討することが重要です。慎重な判断と情報収集を行いながら、新興国株式投資を活用して資産形成を進めていきましょう

新興国インデックスの利回りは?

新興国インデックスの利回りは、投資家にとって重要な指標です。利回りは、投資先の株価の変動や配当金などを総合的に考慮したものであり、投資商品の魅力を評価する上で欠かせません。

新興国インデックスは、成長著しい新興国の銘柄や市場に投資するためのインデックスです。これらの市場は高いリターンが期待される一方で、その分リスクも高いと言われています。

具体的な新興国インデックスの利回りを知るためには、各インデックスファンドやETF(上場投資信託)の過去のパフォーマンスデータを参考にすることが有効です。これらのファンドやETFは、特定の新興国市場全体または特定地域・業種に分散投資しており、指数と同等なリターンを目指して運用されています。

ただし、新興国インデックスの利回りは市場環境や経済成長率に大きく左右されます。また、各ファンドやETFごとに運用ポリシーや組入銘柄が異なるため、利回りにも差が生じることがあります。

新興国インデックスの中でも特に代表的な指数としては、「MSCIエマージング・マーケット・インデックス」や「FTSEエマージング・インデックス」が挙げられます。これらのインデックスをベンチマークにしているファンドやETFの利回りを確認することで、新興国市場全体のパフォーマンスを知ることができます。

ただし、利回りだけで判断するのではなく、長期的なパフォーマンスやリターンのばらつきも考慮する必要があります。一時的な下落や上昇だけでなく、複数年または複数回にわたるパフォーマンスを見て判断することが重要です。

また、新興国インデックスの利回りのみでなく、コスト(信託報酬)や運用ポリシー、組入業種・銘柄なども評価基準に含めるべきです。低コストであるかどうかや、自身の投資目的やリスク許容度に合った商品であるかを慎重に選ぶ必要があります。

総じて、新興国インデックスの利回りは市場環境に左右されるため、一定のリスクも伴います。投資家は自身の目的やリスク許容度に合わせて、利回りだけでなくコストや商品の特徴を総合的に考慮し、適切な投資先を選ぶことが重要です。将来の成果を予測することは困難ですが、長期的な視点で運用することが成功への一歩と言えるでしょう。

新興国株式インデックスの将来性は?

新興国株式インデックスの将来性は、多くの要因により影響を受けます。まず、経済成長の期待が挙げられます。新興国は今後も成長が見込まれており、それに伴い企業の業績も向上する可能性があります。この経済成長によって新興国株式市場は活況を呈するかもしれません。

次に、金融政策や通貨の動向が重要な要素となります。インフレ圧力の緩和や中央銀行による金融緩和サイクルの開始は、新興国株式市場にポジティブな影響を与えることがあります。また、米ドルに対して割安な新興国通貨も投資の魅力となり得ます。

さらに、バリュエーション(投資価値評価)も将来性を左右する要素です。割安な株式価格は投資家の関心を引き付ける可能性があります。ただし、地政学リスクや主要国の金融政策の動向なども留意しなければなりません。これらは金融市場のボラティリティ(価格変動)を高める要因となる可能性があります。

しかし、新興国高配当株式はすでにPER(株価収益率)の水準が低いため、市場の調整局面でも一段のPER縮小のリスクは比較的小さいと予想されます。そのため、中長期的な投資機会となる可能性があります。

総括すると、新興国株式インデックスの将来性は経済成長や金融政策・通貨の動向、バリュエーション、地政学リスクや主要国の金融政策動向などの要素に左右されます。ただし、新興国高配当株式は比較的安定した投資機会を提供する可能性があります。投資家はこれらの要素を考慮し、適切なポートフォリオを構築することが重要です。

新興国株式は20年後何倍になりますか?

新興国株式への長期投資を考える際に、20年後のリターンや成長率について知りたいと思う方も多いでしょう。しかしこの点について正確な予測をすることは困難です。なぜなら、株式市場はさまざまな要素の影響を受け、予想外の変動が生じることがあるからです。

一般的に言えることは、長期的な視点で見た場合、新興国株式は成長のポテンシャルを秘めており、過去の実績からも高いリターンをもたらす可能性があるということです。ただし、これはあくまで一般的な傾向であり、個別の銘柄や地域によって異なる結果が生じることもあります。

過去のデータを参考にすると、新興国株式のリターンは投資期間によって大きく異なる傾向があります。例えば、1995年12月末から2023年12月末までの実績では、PERが10倍台~9倍台をつけた時点で、株価は1年後の平均で18%、3年後で63%、5年後で109%上昇しています。これは過去のデータとして示される指標であり、将来にわたって同様の結果が得られることを保証するものではありません。

また、新興国高配当株式のPERは対先進国株式に比べて下回っており、他の株式と比べて低い水準となっています。さらに、米金利低下により新興国株式が先進国株式よりも優位に立つ傾向も見られます。ただし、これらの要素も市場環境によって変動する可能性があるため、投資判断をする際には注意が必要です。

長期投資を考えるならば、新興国株式型投資信託などを活用することも一つの手段です。選ぶ際には、過去の実績や信託運用会社の評判・信頼性などを考慮しましょう。また、リスク分散を図るため複数の投資先を選ぶことも重要です。

最後に言えることは、新興国株式への投資は高いリターンを期待できる一方で、価格変動リスクも存在するということです。投資を始める際には自身の投資目的やリスク許容度を考慮し、適切なアセットアロケーションを行うことが重要です。

積立NISAで新興国株式が不要と言われる理由は?

積立NISA(新興国株式の投資信託)で新興国株式に投資する必要性について、なぜ不要と言われるのかについて考察してみましょう。この議論は長期的な運用を前提とした場合の観点から行います。

新興国株式市場は一般的に成長が著しいとされます。これは真実であり、新興国経済の拡大や貿易相互依存度の高まりが背景となっています。一部の人々はこの成長を見逃せない魅力的な投資先として位置付けています。しかし、新興国株式市場には投資リスクも存在します。

まず一つ目の理由としては、政治・経済不安が挙げられます。新興国では政情不安や法制度の整備不足など、投資環境が安定していないケースがあります。また、通貨リスクも懸念されます。例えば、為替変動によって日本円ベースで見た場合の投資価値が変動する可能性があります。

二つ目の理由は、企業情報の信頼性に関わる問題です。新興国では情報開示制度が未整備な場合があります。そのため、企業の収益や財務状況などを正確に評価するのが難しくなります。投資判断に不確実性が生じる可能性があるため、リスク管理上考慮すべき点と言えます。

また、新興国株式市場は値動きが大きく、相対的な振れ幅も大きい傾向があります。長期投資であっても短期的な変動に左右されることも少なくありません。これにより、一部の投資家は取引のタイミングによっては損失を被る可能性もあることを念頭に置く必要があります。

これらの理由から、積立NISAで新興国株式への投資は必要性を疑われることもあります。ただし、全面否定する必要はありません。新興国株式市場への投資は多様化やポートフォリオのバランスを考えた上で行うべきです

つみたてNISA(積立NISA)では、将来20年以上にわたって投資することが想定されています。そのため、新興国株式に対するリスクを適切に評価し、分散投資を行うことが重要です。具体的には、積立NISAの中でインデックスファンドを利用して新興国株式への分散投資を検討するのが一つのアプローチです。

総括すると、積立NISAで新興国株式への投資は不要とされる理由も存在しますが、全面的に否定する必要はありません。適切なリスク管理やポートフォリオのバランスを考慮しつつ、分散投資を行うことで長期的な成果を上げる可能性も秘めています。しかし、個別の情報や助言を得ることでより良い結果が期待できることを忘れずに進めるようにしましょう。

新興国株式の中国の比率は?

新興国株式の中国の比率は、31.3%です。

新興国株式に関するみんなの本音

SNSの声を見ると、新興国株式はあまり期待できない、おすすめできないという人も多いです。

だからこそ、新興国株式はあきらめてFXで稼いでやる!という強者もいます

新興国株式よりも、もっと稼ぎたい人向けのサービス【PR】




新興国株式への投資もいいですが、それより稼げるFX取引を始めてみませんか?
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれている「DMM FX」がおすすめです。

最短30分で取引開始で、取引すればするほどポイントがたまる業界大手の取引ツールです。

▼選ばれているポイント
・「1ポイント=1円」で手軽に現金化可能。
・「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
・「安心安全の『全額信託保全』導入済み」

そして、今なら取引量に応じて最大30万円キャッシュバック中です!

DMM.com証券はFX取引高世界No.1※を獲得しているので、他のサービスよりも安心感があります。気になる方はぜひチェックしてみてください。
※ 米ファイナンス・マグネイト社調べ

年収600万円以上の方限定!選ばれているサービス【PR】

新興国株とあわせて学んでおきたい、投資・資産運用の基礎。でも自分で勉強するのは難しいし時間がない

そういう方に向けておすすめなのが、【マネきゃん/Money Camp】です。

マネきゃんは、資産運用をこれから始めたい会社員・公務員にむけた無料のオンラインセミナーを開催しています。

ただし、年収600万円以上、年齢は26歳以上~45歳以下の方限定です!

==セミナーで学べる事=============
年金対策に最適な資産形成術とは
少額で出来る不労所得の作り方
会社員・公務員でもできる節税方法
NISA・iDeCoの効率的な活用法
投資信託の選び方
=======================

満足度95%の人気講師が60分で、初心者にもわかりやすく説明してくれます。

スマホで参加OK!様々な時間帯から好きな日時のセミナーに参加可能

NISAやiDeCoの運用方法やしっかり増やすための商品選定が自分でできるようになります。

会社員・公務員が実践できる節税方法を学ぶことができます。


あわせて読みたい

意味ない?サプリメントを摂るメリット・デメリット【効果まとめ】前のページ

お茶で痩せる?カテキンのメリット・デメリット【効果まとめ】次のページ

関連記事

  1. 投資

    知らないと損する?不動産投資のメリット・デメリット【サラリーマンの本音】

    不動産投資をするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  2. 投資

    知らないと損?米国株式のメリット・デメリット【S&P500】

    米国株式(S&P500)のメリット・デメリットを膨大な口コミデ…

  3. 投資

    知らないと損?FX取引を始めるメリット・デメリット【みんなの本音】

    FXを始めるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  4. 投資

    知らないと損?株式投資するメリット・デメリット【企業/長期】

    株式投資をするメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  5. 投資

    今さら聞けない!NISAを始めるメリット・デメリット【みんなの本音】

    NISAを始めるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  6. 投資

    AI半導体がくる!エヌビディア株を買うメリット・デメリット【投資】

    エヌビディアに投資するメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

よく読まれている記事

PAGE TOP