食生活

お茶で痩せる?カテキンのメリット・デメリット【効果まとめ】

カテキンのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

カテキンをよく摂取する人にもそうでない人にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

カテキンについて

カテキンは主に緑茶に含まれるポリフェノールで、抗酸化作用があり、心血管疾患や糖尿病の予防に寄与します。

茶葉に含まれるカテキンの含有量は、およそ15%前後(乾物として)ですが、品種・栽培条件・摘採時期などによって変化します。
また日照量が多いほど、カテキンの合成が進むので、春に摘む一番茶よりも夏に摘む二番茶や三番茶の方がカテキン(タンニン)の含有量は高くなります

抗炎症作用や抗菌・抗ウイルス効果もあり、健康に多くの利点があるとされます。ただし、摂取量には注意が必要で、バランスの取れた食事から摂ることが推奨されます。

参考:伊藤園「お茶百科」

カテキンは痩せる?

茶カテキンは、継続摂取することで脂肪の消費力を高めることが、ある化学メーカーによる試験で実証されました。

エネルギーを産出する肝臓や筋肉のミトコンドリアにも働きかけるため、脂肪消費に働く体内酵素(β酸化関連酵素)を活性化させ、脂肪の消費を亢進(こうしん)します。
引用:dヘルスケア「実証された茶カテキンの脂肪低減効果。」

茶カテキンを継続摂取しながら日常的な活動をしているだけで、余分な体脂肪を消費する効果が期待できるため、ダイエット中の方の心強い味方です。

カテキンのメリット

カテキンは健康に良いと言われていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?

以下では、カテキンのメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 抗酸化作用

カテキンには強力な抗酸化作用があります。活性酸素を除去することで、細胞の酸化を防ぎ、老化や病気の予防に役立ちます。また、抗酸化作用は美容効果もあり、肌のハリや弾力を保つことにも効果的です。

2) 免疫機能向上

カテキンは免疫機能を向上させる働きもあります。免疫細胞の活性化や炎症の軽減に関与し、風邪やインフルエンザなどの感染症から体を守ります。

3) 血液サラサラ効果

カテキンは血管内壁の損傷を防ぐ効果があります。さらに、中性脂肪やコレステロール値を下げ、血液循環を改善することで動脈硬化や心臓病のリスクを減少させます。

4) 糖尿病予防

カテキンには血糖値を安定させる効果もあります。食事後の血糖値の急上昇を抑え、インスリンの分泌をサポートすることで糖尿病の発症リスクを低下させます。

5) 脂肪燃焼効果

カテキンは脂肪分解や脂肪燃焼を促進する働きがあります。体内の脂肪代謝を活性化し、体重管理やダイエットに役立ちます。

カテキンのデメリット

カテキンは美容面でも効果的な成分として知られていますが、実はデメリットもあります。

以下にてカテキンのデメリットを5つご紹介します。

1) 摂取過剰による消化器系のトラブル

カテキンは抗菌作用や抗酸化作用がありますが、摂りすぎると消化器系に負担をかける可能性があります。特に胃腸の刺激や下痢を引き起こすことが報告されています。適量を守って摂取することが大切です。

2) 鉄の吸収を阻害する可能性

カテキンは鉄と結合することで、鉄の吸収を阻害する可能性があります。このため、鉄欠乏症の人や鉄補給が必要な人は注意が必要です。他の栄養素とバランス良く摂取することが望ましいです。

3) カフェイン過敏症の悪化

カテキンにはカフェインも含まれており、一部の人にはカフェイン過敏症を引き起こすことがあります。心拍数の上昇や不眠症などの症状が現れる場合もあるため、個人差に注意しながら摂取する必要があります。

4) 血圧低下リスク

カテキンは血圧を下げる効果があるとされていますが、過剰な摂取により血圧低下のリスクが生じることもあります。特に既に低血圧や薬物治療中の人は注意が必要です。医師の指示に従い、適切な摂取量を守るようにしましょう。

5) アレルギー反応の可能性

カテキンを含むお茶やサプリメントに対してアレルギー反応を起こす人もいます。発疹やかゆみ、呼吸困難などの症状が現れた場合は直ちに医師に相談する必要があります。自己判断せず、専門家の意見を仰ぎましょう。

カテキンのメリット・デメリットまとめ

本記事では、カテキンのメリット・デメリットについてまとめました。

まず、カテキンのメリットとしては、抗酸化作用が挙げられます。カテキンは活性酸素を除去する働きがあり、老化や病気の予防に役立ちます。さらに、カテキンには抗菌や殺菌効果もあり、虫歯や口臭の予防にも役立ちます。

一方で、カテキンの摂り過ぎによるデメリットも存在します。カテキンは渋み成分であり、摂り過ぎると苦い味が強くなるだけでなく、胃腸の負担や睡眠障害の原因になる場合もあります。また、カテキンを過剰に摂取すると、鉄分の吸収を妨げる可能性もあるため、鉄欠乏症のリスクが高まることも考えられます。

カテキンの摂取量については、一日にお茶で摂る場合は3〜5杯程度が適切とされています。ただし、個人の体質や健康状態によって摂取量は異なるため、適度な摂取量を守ることが重要です。

適度な摂取量を守りながら、カテキンを取り入れることで、健康や美容に良い効果を期待できます。

カテキンとあわせて摂りたい健康的な体づくりをサポートするサービス【PR】


若々しく健康に生きるための人生に欠かせない成分といわれる、次世代成分NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

NMNは、本来は体内で生成される物質ですが、加齢に伴い減少していく※傾向に。
近年ではハーバード大を始め、多くの健康維持関連の研究に取り上げられ、若々しさの鍵を握るとされるサーチュイン遺伝子とNMNには密接な関係があることがわかりました。
「健康」や「若々しさ」をサポートすることが期待できると世界中で注目を浴びています
※参考:日経バイオテク「最近よく聞くNMN、若返りに効くって本当?」

医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1が「GAAH INNER BEAUTY」です。

NMNサプリ分野において『医療従事者が推奨するNMNサプリ No.1』を獲得し、専門分野の違う5名の医師が実際に使い続けたいと回答。

GAAH INNER BEAUTYは、NMN純度99.9%以上※と業界屈指の高純度を実現。
※検査機関:日本食品検査 首都圏事務所2021年1月15日

最先端の技術が業界最大のコスパで手に入ります。
若々しく健やかな体で、人生100年時代を輝かしく過ごしましょう!

あわせて読みたい


おすすめしない?新興国株式のメリット・デメリット【NISA】前のページ

20代でも大丈夫?育毛剤のメリット・デメリット【効果まとめ】次のページ

関連記事

  1. 食生活

    知らないと損?辛いものを食べるメリット・デメリット【皆の本音】

    辛いものを食べるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  2. 食生活

    肌に悪い?カフェインを摂るメリット・デメリット【効果まとめ】

    カフェインのメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  3. 食生活

    意外と知らない!野菜を食べるメリット・デメリット【痩せる?】

    野菜を食べるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかり…

  4. 食生活

    ダイエット効果も!ヴィーガンのメリット・デメリット【みんなの本音】

    ヴィーガン(ビーガン)のメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分…

  5. 食生活

    今さら聞けない!水を飲むメリット・デメリット【みんなの本音】

    水を飲むメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやす…

よく読まれている記事

PAGE TOP