資格

登録販売者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

登録販売者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

登録販売者の資格をとることが気になっている方にも、これから勉強しようとしている方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

登録販売者とは?

登録販売者とは、ドラッグストアや薬局などで一般用医薬品(かぜ薬など)の販売ができる医薬品販売の専門資格です。

「登録販売者」になるためには、都道府県の実施する試験に合格し、登録をする必要があります。

参考:東京都保健医療局「登録販売者試験について」

登録販売者の資格を取得するメリット

登録販売者の資格取得は、資格手当や広い就職の選択肢など、さまざまなメリットがあります。

以下では、登録販売者の資格を取得するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 資格手当で収入アップが見込める

登録販売者資格を取得すると、企業や店舗からの資格手当が支給される可能性があります。これにより、収入を増やすことができるだけでなく、モチベーションも高まります。

2) 民間資格よりも優位性がある

登録販売者の資格は公的な資格であり、民間資格よりも優位性があると言われています。公的な資格とは、国や政府が認定する資格のことであり、その認定基準は厳格です。登録販売者の資格も、厚生労働省が定める試験に合格することで取得することができます。
この資格を持つことで、薬局やドラッグストア、健康食品店など幅広い業種での就職・転職の道が開けます。

3) ライフスタイルに合わせた働き方を選べる

登録販売者として働く場合、フルタイムやパートタイム、シフト制など様々な働き方が選べます。自分の生活スタイルや予定に合わせて柔軟に働くことができるため、ワークライフバランスを保ちながら活躍することができます。

4) 自分や家族の健康に役立つ知識を取得できる

登録販売者の資格を取得するためには、医薬品や健康食品に関する知識を習得する必要があります。これにより、自身や家族の健康管理に関する専門知識を持つことができます。薬剤師や医師による相談にも対応できるため、身近な存在として家族や友人から頼りにされることもあります。

5) 就職や転職をする際に有利に働く

登録販売者の資格は、求人市場での競争力を高める一因となります。特に医薬品や健康食品業界では、資格保持者を優先的に採用するケースが多くあります。また、将来的なキャリアパスやスキルアップの機会も広がり、経験を積みながらキャリアを築いていくことができます。

登録販売者の資格を取得するデメリット

登録販売者の資格を取得するには様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて登録販売者の資格を取得するデメリットを5つご紹介します。

1) 受験費用や勉強時間がかかる

登録販売者資格の取得には受験料や教材費などの費用がかかります。また、試験のために十分な勉強時間を確保する必要もあります。これには他の仕事や日常生活との調整が必要であり、忙しいスケジュールを組むことが難しい場合もあります。

2) 研修期間が長い

登録販売者として売場に立つまで、一定期間の研修を受ける必要があります。実務経験がない場合は、登録販売者として働き始めて2年たつまで研修中となります。(過去5年以内に実務経験が2年以上あればOK。)実務経験が2年以上になれば、実務従事証明書の申請をして、正式に登録販売者になることができます。

3) 業務内容は限定されている

登録販売者として働く際、医薬品の販売やアドバイスを行うことに特化しています。そのため、他の業務(たとえばレジ業務や在庫管理)を行う機会は限られることがあります。一方で、これが専門分野に特化したスキルの習得に繋がるとも言えます。

4) 長時間の立ち仕事

登録販売者は店舗で客に対応し、商品を陳列するなどの業務を行います。そのため、長時間立ちっぱなしの仕事になることが多く、脚の疲れや体力的な負担が増える可能性があります。適切な休憩や体力づくりの工夫が必要です。

5) 転職時に他の業種での活用が難しい

登録販売者という資格は、医薬品販売員としてのスキルを証明するものです。そのため、他の業種や職種への転職時には役立ちづらいこともあります。他の資格やスキルを併せ持つことで、より幅広い就業機会を得ることが重要です。

登録販売者の資格を取得するメリット・デメリットまとめ

本記事では、登録販売者の資格を取得するメリット・デメリットについてまとめました。

登録販売者の資格は、公的な資格であるため、民間資格よりも優位性があります。また、受験資格が必要ないため、誰でも受験することができます。さらに、いろんな業種で就職や転職に有利になるだけでなく、復職や再就職の際にも役立つことがあります。
また、登録販売者の資格を取得することで、市販薬(OTC)の知識が増えるため、自分や家族の健康管理にも役立ちます。資格が失効せず、更新料も不要なため、一度取得すれば長期的に活用することができます。

一方で、デメリットとしては、資格取得には一定の学習や試験に合格する必要があります。学習には時間や労力を要するかもしれません。また、資格取得後も継続的な学習や情報更新が必要となる場合もあります。

登録販売者の資格を取得することには、メリットとデメリットがありますが、多くの場面で有利に働くことが期待されます。自身の目標や将来のキャリアに合わせて、資格取得のメリットとデメリットを考慮し、慎重に判断することが重要です。

登録販売者の資格に関するみんなの本音

スマホ学習で登録販売者の資格取得を目指す方へ、おすすめの講座【PR】



受講料は最安1万円~!スマホ対応!国家資格ほか資格取得なら 「SMART合格対策講座」がおすすめです。

登録販売者、行政書士、QC検定、ビジネス実務法務、個人情報保護士など
多彩な資格がスマートフォンで手軽に本格的な学習ができるサービスです。

▼選ばれているポイント
・スマホ視聴に最適化した映像で勉強できる
・国家試験などの資格試験の対策ノウハウがある
・文部科学大臣の許可法人※として設立しているから安心

主にキャリアアップを目指すビジネスマンや、就活対策の学生などに使われているサービスです!

SMART合格対策講座」は、全日本情報学習振興協会※が運営する安心のサービスです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい


夢みたい?船で旅行するメリット・デメリット【みんなの本音】前のページ

意味ない?英会話教室に通うメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. 資格

    後悔する?社会福祉士のメリット・デメリット【資格の本音】

    社会福祉士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  2. 資格

    今さら聞けない!中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから…

  3. 資格

    今さら聞けない!宅建の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    宅建の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  4. 資格

    衛生管理者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    衛生管理者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  5. 資格

    今さら聞けない!司法書士になるメリット・デメリット【資格の本音】

    司法書士になるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  6. 資格

    危険物取扱者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    危険物取扱者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分…

よく読まれている記事

PAGE TOP