資格

今さら聞けない!中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

中小企業診断士の資格をとることが気になっている方にも、これから勉強しようとしている方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

中小企業診断士とは?

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。

企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務ですが、中小企業と行政・金融機関等を繋ぐパイプ役、また、専門的知識を活用しての中小企業施策の適切な活用支援等幅広い活動が求められています。

取得には大学卒業以上の学歴と3年以上の実務経験が必要で、専門的な試験に合格する必要があります。また、資格の維持には、定期的な更新教育が必要であり、制度の変更にも対応する必要があります。

参考:一般社団法人 中小企業診断協会「中小企業診断士ってなに?」

中小企業診断士の資格を取得するメリット

中小企業診断士の資格をとることは様々なメリットがあります。

中小企業診断士の資格取得は時間と努力を要しますが、その努力は将来への投資と考えることができます。

以下では、中小企業診断士の資格を取得するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 待遇改善に給与アップ、転職にも有利

中小企業診断士の資格を取得することには、さまざまなキャリアチャンスがあります
現在勤務する社内での待遇改善や給与アップの可能性はもちろん、転職にも有利です。中小企業診断士の資格を保有していることで、転職エージェントから紹介される企業の質があがるというメリットもあります。また、自分自身の独立開業も可能で、ファイナンシャルプランナーや経営コンサルタントとしても活躍できます。この資格は幅広い分野で活躍するチャンスを提供します。

2) AI・ロボットに仕事を奪われない

次に、中小企業診断士の資格取得には、多くの勉強や実務経験が必要です。この過程で、分析力や問題解決能力、コミュニケーションスキルなどが向上します。これらは、AIにとって代わられる心配がなく、中小企業診断士の資格はユーキャンの「10年後 AI・ロボットに奪われない資格」にも選ばれています。

3) 広範な知識を身につける機会

また、中小企業診断士の資格取得では、個々の企業における経営戦略や財務管理、法務などあらゆる分野について学ぶ機会があります
これにより、ビジネス全体の理解度が深まり、経営者や事業主から信頼されることができます。また、専門知識を持ったアドバイザーとして活動する際にも役立ちます。

4) プロフェッショナルな評価を受ける

同時に、中小企業診断士の資格は、その取得自体が高い専門性と専門知識を持つことの証明となります
この資格を持つことで、プロフェッショナルな評価を受けることができます。経営者や事業主からの信頼度も高まり、長期的な仕事の依頼や案件獲得の機会も増えるでしょう。

5) 社会貢献度の高さ

さいごに、中小企業診断士は、中小企業の健全な発展をサポートする役割を担っています。
中小企業は地域における雇用創出や地域経済の活性化に大きく貢献しています。そのため、中小企業診断士の存在は社会的な意義があります。この資格を取得することで、自身が社会貢献を果たす一員として活動できるでしょう。

中小企業診断士の資格を取得するデメリット

中小企業診断士の資格を取得するには様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて中小企業診断士の資格を取得するデメリットを5つご紹介します。

1) 受験費用と受験時間の負担

中小企業診断士の資格試験は厳しいものであり、受験料として一定額の費用が必要です。
また、試験勉強には時間を割く必要もあります。仕事や日常生活と両立させるためには、十分な準備期間や計画が必要です。

2) 更新手続きと更新費用

2つめに、中小企業診断士の資格は有効期限があり、一定期間ごとに更新手続きを行う必要があります
更新手続きには費用もかかります。これらの手続きや費用を忘れてしまうと、資格が失効してしまう可能性もあるため注意が必要です。

3) 認知度や需要の低さ

次に、中小企業診断士の資格は一般的にはあまり知られておらず、需要も限定的です。
資格を取得しても、必ずしも仕事や収入に直結するわけではありません。自身のキャリアパスや目標に合っているかよく考える必要があります。

4) 独占業務ではない

また、中小企業診断士の資格を持つことで、あくまで専門的な知識とスキルを持っていることをアピールすることができますが、特定の業務を独占するわけではありません。
競争が激しくなる可能性もあるため、別の専門性や強みを持つことも重要です。

5) 仕事の範囲や必要スキルの多さ

最後に、中小企業診断士は幅広い業務に携わることが求められます。
経営戦略立案から財務分析、マーケティングプラン作成まで幅広い知識とスキルが必要です。これらすべてを網羅するためには、学習や経験の積み重ねが必要となります。

中小企業診断士の資格を取得するメリット・デメリットまとめ

本記事では、中小企業診断士の資格を取得するメリット・デメリットについてまとめました。

中小企業診断士の資格を取得する最大のメリットは、企業経営に関する幅広い知識を身に着けることです。これにより、経済学や財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務など、経営における問題や課題を把握し、解決策を提案する能力が向上します
また、中小企業診断士の資格取得は、転職や独立においても有利です。資格を持っていることは、他の候補者との差別化要素となります。

一方で、中小企業診断士の資格取得にはデメリットも存在します。まず、試験に合格するためには一定の学習時間と努力が必要です。試験内容が幅広く、難易度も高いため、十分な準備が必要となります。また、中小企業診断士の資格を持つことで、仕事の責任も増える可能性があります。クライアントの期待に応えるためには、高い専門性と責任感が求められます。そのため、ストレスやプレッシャーを感じることもあるかもしれません。

以上のように、中小企業診断士の資格取得にはメリットとデメリットがあります。自身のキャリアや目標に合わせて、資格取得の意義や影響を考えてみることが重要です。

最終的な判断は自身の意思によりますが、中小企業診断士の資格取得は、経営に関する知識やキャリアの幅を広げる上で大きな一歩となることでしょう。

中小企業診断士の資格に関するみんなの本音

中小企業診断士は独学では難しく、スマホ学習で勉強できる他の資格取得を目指す方も多いようです

スマホ学習で資格取得を目指す方へ、おすすめの講座【PR】




受講料は最安1万円~!スマホ対応!国家資格ほか資格取得なら 「SMART合格対策講座」がおすすめです。

宅建、行政書士、QC検定、ビジネス実務法務、個人情報保護士など
多彩な資格がスマートフォンで手軽に本格的な学習ができるサービスです。

▼選ばれているポイント
・スマホ視聴に最適化した映像で勉強できる
・国家試験などの資格試験の対策ノウハウがある
・文部科学大臣の許可法人※として設立しているから安心

主にキャリアアップを目指すビジネスマンや、就活対策の学生などに使われているサービスです!

SMART合格対策講座」は、全日本情報学習振興協会※が運営する安心のサービスです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい

知らないと損?副業するメリット・デメリット【税金/企業】前のページ

後悔する?社会福祉士のメリット・デメリット【資格の本音】次のページ

関連記事

  1. 資格

    衛生管理者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    衛生管理者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  2. 資格

    登録販売者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    登録販売者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  3. 資格

    今さら聞けない!司法書士になるメリット・デメリット【資格の本音】

    司法書士になるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  4. 資格

    危険物取扱者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    危険物取扱者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分…

  5. 資格

    後悔する?社会福祉士のメリット・デメリット【資格の本音】

    社会福祉士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  6. 資格

    今さら聞けない!宅建の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    宅建の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

よく読まれている記事

PAGE TOP