資格

後悔する?社会福祉士のメリット・デメリット【資格の本音】

社会福祉士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

社会福祉士の資格をとることが気になっている方にも、これから勉強しようとしている方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

社会福祉士とは?

社会福祉士は、社会福祉の専門家であり、国家試験に合格することで資格を取得します。

主な役割は、高齢者、障害者、子供、家族などの支援を通じて社会の福祉向上に寄与することです。
相談業務やケアプランの作成、法的サポート、地域社会との連携など、幅広い活動を行います。倫理規定に基づき、クライアントとの信頼関係を築きながら、彼らのニーズに応え、生活の質を向上させることが求められます。
地域の課題に対応するため、他の専門家や機関とも協力し、包括的な支援を提供します。

社会福祉士の存在は、社会的な不平等や課題に対処し、最も弱い立場にいる人々に対するサポートを通じて、社会全体の福祉を向上させる重要な役割を果たしています

参考:全国社会福祉協議会「社会福祉士とは」

社会福祉士の資格を取得するメリット

社会福祉士の資格をとることは様々なメリットがあります。

社会的なニーズが高まっている福祉分野で活躍するためには、この資格が一つの有力な手段となります。

以下では、社会福祉士の資格を取得するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 資格手当で給与アップ

事業所によって、社会福祉士の資格をもっていることで資格手当がつきます
月々10,000円前後の資格手当がつくとすれば、年間12万円の給与アップが見込めます。

2) AI・ロボットに仕事を奪われない

次に、社会福祉士の資格取得には、豊富な知識とスキルが必要です。福祉に関する深い専門知識やソーシャルワークの技術を習得することで、利用者やその家族への適切なサポートを提供する力が身につきます
これらは、AIにとって代わられる心配がなく、社会福祉士の資格はユーキャンの「10年後 AI・ロボットに奪われない資格」にも選ばれています
さまざまな立場の方の気持ちを理解するためには、思いやりの心と高いコミュニケーション力が必要となり、人間にしかできない仕事と言えます。

3) 幅広い就職・転職の選択肢が増える

社会福祉士の資格を持っていると、様々な福祉施設や団体での就職・転職が可能になります
地方自治体や公務員としても有利であるほか、社会福祉士の資格を保有していることで、転職エージェントから紹介される企業の質があがるというメリットもあります。高齢者施設や障害者支援施設、児童福祉施設など、幅広い分野で活躍することができます。

4) キャリアアップのチャンスが広がる

また、社会福祉士の資格を持っていると、管理職やリーダーとしてのキャリアアップの機会も増えます
福祉施設や団体の責任者や上級職に就くことができるため、より大きな貢献をすることができます。また、教育機関や研修機関で講師やトレーナーとして働く道も開かれるでしょう。

5) 社会的信用と支援力がアップする

最後に、社会福祉士の資格を持つことで、社会的な信頼が高まります
地域の福祉活動に参加したり、ボランティア活動を行ったりする際にも、その専門性や知識が評価されます。また、利用者や関係者とのコミュニケーション能力も向上し、より良い支援体制を構築することができます。

社会福祉士の資格を取得するデメリット

社会福祉士の資格を取得するには様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて社会福祉士の資格を取得するデメリットを5つご紹介します。

1) 平均年収403万円と少なめの報酬

社会福祉士の平均年収は403万円となっており、他の国家資格に比べてやや低いです。経済的な面でのメリットが期待できないため、収入面で不満を感じることもあるかもしれません。

※参考:大原学園グループ「社会福祉士の年収・給料はどのくらい?高い収入を目指せる方法も併せて解説!」

2) 資格手当がもらえない職場が約6割

2つめのデメリットとして、社会福祉士は国家資格ですが、実際に働く現場では資格手当をもらえないケースが約6割存在します。このため、他の資格職と比べて報酬面で不利になる可能性も考えられます。

※参考:ミラクス介護「社会福祉士の年収は?平均年収や給料をアップさせる方法を解説」

3) 社会福祉士が必要なくても働ける職場

また、社会福祉士の資格は必須ではありません。一部の職場では非常に需要がありますが、他の職種でも同様の仕事に就くことができます。これは、他の専門職と比べて市場価値が低い可能性を意味しています。

4) 役に立つまで時間がかかる

実は、社会福祉士の資格を取っても、すぐに役に立つわけではありません。実務経験や専門知識の習得が必要であり、時間がかかることを覚悟しなければなりません。即戦力として働きたい方には厳しい現実かもしれません。

5) 『何でも屋』なのでやりたくない仕事も

現場で働く社会福祉士は幅広い分野で活躍する必要があります。
そのため、自分の専門分野だけでなく、他の領域にも関与しなければならない場合が多々あります。自分のやりたくない仕事も引き受ける必要があるため、やりがいとストレスを併せ持つ職業と言えます。

社会福祉士の資格を取得するメリット・デメリットまとめ

本記事では、社会福祉士の資格を取得するメリット・デメリットについてまとめました。

まず、社会福祉士の資格を取得することで、専門知識が身につき、自信を持つことができます。また、社会的信用を得ることができるため、就職や転職の選択肢が増え、支援力や専門性も向上するでしょう。さらに、他の資格を取得する際にも効果的であり、特に成年後見人や施設長などの要件を満たすことができます。

一方で、社会福祉士の資格を取得するまでには費用や時間がかかるというデメリットもあります。また、社会福祉士でなくても働ける現場が多いため、資格を取得しないままでも福祉の仕事に就くことは可能です。

自身の目標や将来のキャリアパスに合わせて、社会福祉士の資格を取得するかどうかを検討してください。

社会福祉士の資格に関するみんなの本音

社会福祉士になるには、福祉系大学に入学して学ぶ、もしくは、実務経験+大学通信講座などの受講が必要です。
※参考:社会福祉振興・試験センターホームページ「社会福祉士国家試験」

忙しくて時間が取れない方は、スマホ学習で勉強できる他の資格取得を目指す方も多いようです

スマホ学習で資格取得を目指す方へ、おすすめの講座【PR】




受講料は最安1万円~!スマホ対応!国家資格ほか資格取得なら 「SMART合格対策講座」がおすすめです。

宅建、行政書士、QC検定、ビジネス実務法務、個人情報保護士など
多彩な資格がスマートフォンで手軽に本格的な学習ができるサービスです。

▼選ばれているポイント
・スマホ視聴に最適化した映像で勉強できる
・国家試験などの資格試験の対策ノウハウがある
・文部科学大臣の許可法人※として設立しているから安心

主にキャリアアップを目指すビジネスマンや、就活対策の学生などに使われているサービスです!

SMART合格対策講座」は、全日本情報学習振興協会※が運営する安心のサービスです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい


今さら聞けない!中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】前のページ

意外と知らない?無脂肪牛乳のメリット・デメリット【効果まとめ】次のページ

関連記事

  1. 資格

    今さら聞けない!宅建の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    宅建の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  2. 資格

    今さら聞けない!中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから…

  3. 資格

    登録販売者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    登録販売者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  4. 資格

    衛生管理者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    衛生管理者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  5. 資格

    危険物取扱者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    危険物取扱者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分…

  6. 資格

    今さら聞けない!司法書士になるメリット・デメリット【資格の本音】

    司法書士になるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

よく読まれている記事

PAGE TOP