資格

今さら聞けない!宅建の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

宅建の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

宅建の資格をとることが気になっている方にも、これから勉強しようとしている方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

宅建とは?

宅建(宅地建物取引主任者)は、不動産の売買・賃貸に関わる資格の一つです。

宅建資格を持つことで、不動産仲介業務や管理業務を行えるようになります。

宅建主任者は不動産の法規や契約などに精通し、安心して取引を行うための知識やスキルを身につけています。
一般の人が不動産を売買・賃貸する際、宅建主任者を通じて取引が進行され、法的なトラブルを防ぐ役割も果たします。

宅建資格を持つことで、不動産業界での職の選択肢が広がり、プロとしての信頼性が向上します。

宅建の資格を取得するメリット

宅建の資格をとることは様々なメリットがあります。

宅建の資格取得は時間と努力を要しますが、その努力は将来への投資と考えることができます。

以下では、宅建の資格を取得するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 不動産業界への就職・転職に有利

宅建の資格を持つことで、不動産業界での就職や転職に有利なポジションを獲得することができます。求人情報でも宅建資格保有者を優先的に募集するケースが多くあるため、競争力が高まります。

2) 独占業務があり、資格手当がもらえる

宅建資格者は特定の業務を独占することができます。このため、企業から資格手当をもらうことが一般的です。給与や待遇面でのメリットがあり、モチベーションの向上にもつながります。

3) 国家試験の中では取得しやすい

宅建の資格取得には一定の時間と努力が必要です。しかし、他の国家試験に比べて合格率は高く、難易度も比較的中レベルの部類に入ります。コツコツ頑張れば取得可能な資格です。

4) 宅建に関連したダブルライセンスを目指せる

宅建の資格を持つことで、不動産業界でさらに高いポジションを目指す際に他の関連資格を取得することができます。例えば、宅地建物取引士や不動産鑑定士など、幅広い分野でのキャリアアップが見込めます。

5) 自身のマイホーム購入や賃貸契約時に活用できる知識・スキル

宅建の知識・スキルは自身のマイホームの購入や賃貸契約時に大いに役立ちます。契約書のチェックや物件探し、各種手続きなど、不動産トランザクションにおける重要なポイントを理解することができます。

宅建の資格を取得するデメリット

宅建の資格を取得するには様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて宅建の資格を取得するデメリットを5つご紹介します。

1) 難しい試験対策や勉強時間の負担

宅建の試験は合格に向けてのしっかりとした準備が必要です。法律や規制に関する知識だけでなく、契約書の作成や不動産業務についても学ぶ必要があります。そのため、多くの時間を確保して勉強しなければならず、試験対策の負担が生じることもあります。

2) 費用負担

宅建の受験料や教材の購入費用はかかります。また、繰り返し試験を受ける場合も追加の費用がかかります。このため、経済的な負担を考慮する必要があります。

3) 更新・継続教育

宅建資格は一定期間ごとに更新する必要があります。更新期限までに一定単位数の継続教育を受ける必要があるため、時間と労力を費やさなければなりません。これによって、常に最新情報にアンテナを張っておく必要があります。

4) 経験の不足による信頼性

宅建の資格を持っているだけでは、実務経験に基づく信頼性を得ることは難しい場合があります。不動産業界では現場経験や実務が重視されることが多く、理論知識だけでなく、実務経験も重要です。

5) 専門化に偏りかねない

宅建資格を取得すると、不動産業界に特化したスキルが身につきますが、他の業界への転職やキャリアチェンジを考えている場合は注意が必要です。宅建資格を持つことで、他の業界で有効活用できるスキルや知識は限定的かもしれません。

宅建の資格を取得するメリット・デメリットまとめ

本記事では、宅建の資格を取得するメリット・デメリットについてまとめました。

宅建の資格を取得することには、上記で記載したデメリットを上回る多くのメリットがあります。

不動産業界でのキャリアアップや独立・起業の可能性を広げることができるだけでなく、就職や転職で有利になるチャンスも生まれます。

また、宅建の勉強は自己成長の機会でもあり、専門的な知識を身につけることで、自信や自己満足感を得ることもできるでしょう。

結論として、宅建の資格を取得することは、不動産業界でのキャリアを築くための有力な手段であり、将来の可能性を広げることができます

デメリットは存在しますが、そのメリットを考えると、多くの人にとって宅建の資格取得は価値のある努力となるでしょう。

自分自身の目標やキャリアに合わせて、宅建の資格取得の道を進んでみることをおすすめします。

参考:全国宅地建物取引業協会連合会

宅建の資格取得を目指す方へ、おすすめの講座【PR】




受講料は最安1万円~!スマホ対応!国家資格ほか資格取得なら 「SMART合格対策講座」がおすすめです。

宅建士、行政書士、QC検定、ビジネス実務法務、個人情報保護士など
多彩な資格がスマートフォンで手軽に本格的な学習ができるサービスです。

▼選ばれているポイント
・スマホ視聴に最適化した映像で勉強できる
・国家試験などの資格試験の対策ノウハウがある
・文部科学大臣の許可法人※として設立しているから安心

主にキャリアアップを目指すビジネスマンや、就活対策の学生などに使われているサービスです!

SMART合格対策講座」は、全日本情報学習振興協会※が運営する安心のサービスです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい

意外と知らない!冷凍ケーキのメリット・デメリット【まずいって本当?】前のページ

今さら聞けない!お中元を贈るメリット・デメリット【みんなの本音】次のページ

関連記事

  1. 資格

    危険物取扱者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    危険物取扱者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分…

  2. 資格

    今さら聞けない!中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから…

  3. 資格

    登録販売者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    登録販売者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  4. 資格

    衛生管理者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    衛生管理者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  5. 資格

    今さら聞けない!司法書士になるメリット・デメリット【資格の本音】

    司法書士になるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  6. 資格

    後悔する?社会福祉士のメリット・デメリット【資格の本音】

    社会福祉士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

よく読まれている記事

PAGE TOP