資格

危険物取扱者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

危険物取扱者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わかりやすく解説します。

危険物取扱者の資格をとることが気になっている方にも、これから勉強しようとしている方にも、分かりやすくメリット・デメリットを5つずつ挙げてみました。

記事の後半にまとめも掲載しているので、最後までしっかり読んでくださいね。

危険物取扱者とは?

危険物取扱者は、消防法で定められた危険物を取り扱ったり、危険物の取り扱いに立ち会ったりするために必要な国家資格です。

甲種・乙種・丙種の3つの区分があり、乙種はさらに第1類~6類に分かれています。

ニーズが高いのは「乙種第4類(乙4)」で、初めて危険物取扱者資格を目指す方にもおすすめです。
乙種と丙種は受験資格が特になく、誰でも受験可能です。

危険物取扱者を必要としている企業は多いため、キャリアアップに向けて資格取得を目指す人も多い人気の国家資格です。

参考:一般財団法人 消防試験研究センター 公式サイト

危険物取扱者の資格を取得するメリット

危険物取扱者の資格をとることは様々なメリットがあります。

以下では、危険物取扱者の資格を取得するメリットについて特徴的な点を5選ご紹介します。

1) 資格手当やキャリアアップ

危険物取扱者の資格を持つことで、職場での役割や責任が増える可能性があります。
企業や工場では、安全管理や事故防止に重要な役割を果たす人材を求めています。危険物取扱者の資格を持っていれば、資格手当による給与アップや転職の際のキャリアアップのチャンスが広がるでしょう。

2) 将来性がある(ニーズがなくならない)

ガソリンスタンドや発電所、設備管理者など、危険物取扱者の資格はさまざまな職場で必要とされています。高いニーズがあるため、将来的にも危険物取扱者の仕事はなくならないと考えられます。

3) 【乙4種】ニーズが高い

乙4とは、危険物取扱者乙種第4類のことで、危険物取扱者の中でもっとも人気があります。その理由は、仕事のニーズが高いから。
取り扱える危険物に関連した職種や適応範囲が広いため、乙4の資格をもっていることで職場での待遇改善や転職で有利になる可能性があります。
また、乙4を取得していると、他の乙種試験を受けるときは、試験科目の一部が免除されます。徐々に上位の資格を取得したい場合や、工場などへの就職を考えている場合は、乙種から受験するのが一般的です。

4) 【甲種】就職に有利

甲種は、危険物取扱者の中で最難関。受験資格として「乙種危険物取扱者免状を有すること」、「大学等で化学に関する学科等を修めて卒業」などが必要とされハードルが高いです。ただし。その分すべての危険物が対象範囲となり、化学工場やガソリンスタンド、薬品メーカーなどでの就職・転職が有利に運びます

5) 【丙種】誰でも受験可能で合格率が高い

丙種は、誰でも受験可能です。2017年度の危険物取扱者丙種試験の合格率は51.2%と比較的高めで、合格しやすいというメリットがあります。
資格取得すると、ガソリン、灯油、軽油、重油などの引火性液体が取り扱い可能です。ただし、立ち会いはできません。

危険物取扱者の資格を取得するデメリット

危険物取扱者の資格を取得するには様々なメリットがある一方で、実はデメリットも存在します。

以下にて危険物取扱者の資格を取得するデメリットを5つご紹介します。

1) 高い合格難易度

危険物取扱者の資格試験は、その専門性から非常に難しいものとされています。多くの法令や規制を把握し、安全な取り扱いに関する知識や技術を身につける必要があります。そのため、合格率が低く、多くの受験生が苦戦することが予想されます。

2) 長時間の勉強時間

危険物取扱者の試験準備には、膨大な量の勉強が必要です。
法的規制だけでなく、実際の取り扱い方法や安全対策に関する知識も習得しなければなりません。一夜漬けでは難しく、多くの時間と労力をかけて準備しなければなりません。

3) 費用面の負担

危険物取扱者の取得には、一定の費用がかかることもあります。教材や参考書、講座への参加費用などが必要となります。
また試験に合格するだけでは、危険物取扱者を名乗ることができず、免状の交付を受けることで、危険物取扱者になれます。免状交付には、手数料2,900円が必要です。

4) 制約された就業先

危険物取扱者の資格を持っていることは、一定の制約を伴います。例えば、特定の産業や企業でしか活躍できない場合があります。他の職業に比べて選択肢が限られるため、就業先やキャリアの選択肢に制約を受ける可能性があります。

5) 高い責任と危険性

危険物取扱者は、非常に高いレベルの責任と危険性を抱えています。安全管理や事故予防に対する厳密な監督が求められます。誤った判断や不注意が大きな災害や事故につながる可能性もあります。そのため、常に慎重さと専門知識を持って行動しなければならず、ストレスやプレッシャーを感じることも多いです。

危険物取扱者の資格を取得するメリット・デメリットまとめ

本記事では、危険物取扱者の資格を取得するメリット・デメリットについてまとめました。

危険物取扱者の資格は、有益な資格であり、手に職を付けたい人にとって適した国家資格です。取得することにより、職業の選択幅が広がり、求人の選考に有利になることがあります。また、収入のアップや責任ある仕事を任される機会も増えるでしょう。

一方で、危険物取扱者の資格を取得するには一定の難易度があります。試験の難易度と需給バランスは必ずしも一致しないため、受験には十分な準備が必要です。また、取得には一定の費用や時間がかかることもデメリットです。しかし、それに見合うだけの価値があると言えるでしょう。

危険物取扱者の資格は、タンクローリーやガソリンスタンド、消防士、製油所、製造業、大学や研究所、医療業界など、さまざまな職種や業界で必要とされています。実際の業務では、危険物の取り扱いや保管、輸送や運搬など、危険物に関する責任ある仕事を担当することになります。

手に職を付けたい人やキャリアアップを目指す人にとっては、危険物取扱者の資格取得は積極的に検討すべき国家資格です。

危険物取扱者の資格に関するみんなの本音

人気の危険物取扱者資格ですが、「独学では難しい」「忙しくて勉強する時間がないという声」もあり、スマホ学習で頑張っている方も多いようです

スマホ学習で資格取得を目指す方へ、おすすめの講座【PR】



受講料は最安1万円~!スマホ対応!国家資格ほか資格取得なら 「SMART合格対策講座」がおすすめです。

危険物取扱者、行政書士、QC検定、ビジネス実務法務、個人情報保護士など
多彩な資格がスマートフォンで手軽に本格的な学習ができるサービスです。

▼選ばれているポイント
・スマホ視聴に最適化した映像で勉強できる
・国家試験などの資格試験の対策ノウハウがある
・文部科学大臣の許可法人※として設立しているから安心

主にキャリアアップを目指すビジネスマンや、就活対策の学生などに使われているサービスです!

SMART合格対策講座」は、全日本情報学習振興協会※が運営する安心のサービスです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

あわせて読みたい


本当に必要?偏光レンズのメリット・デメリット【スキー/スノボ】前のページ

今さら聞けない!MBA取得のメリット・デメリット【みんなの声】次のページ

関連記事

  1. 資格

    登録販売者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    登録販売者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  2. 資格

    衛生管理者の資格取得のメリット・デメリット【みんなの本音】

    衛生管理者の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  3. 資格

    今さら聞けない!司法書士になるメリット・デメリット【資格の本音】

    司法書士になるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わか…

  4. 資格

    後悔する?社会福祉士のメリット・デメリット【資格の本音】

    社会福祉士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析…

  5. 資格

    今さら聞けない!宅建の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    宅建の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから分析し、わ…

  6. 資格

    今さら聞けない!中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリット【みんなの本音】

    中小企業診断士の資格をとるメリット・デメリットを膨大な口コミデータから…

よく読まれている記事

PAGE TOP